●低出生体重児・早産児の栄養法|目次

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

6章 例外的に困難な環境の乳児の適切な栄養法 より

 

低出生体重の赤ちゃんの場合は、最初は直母ができなかったり入院が必要だったりするので、アプローチの仕方や、母乳育児の確立の仕方などを工夫する必要があります。

 

母乳育児を成功させるためには

産科施設で母乳育児の妨害にならない方法で赤ちゃんを管理すること

お母さん自身が正しい母乳育児の知識を持つこと

熟練したスキルでサポートしてもらうこと

3つが不可欠です。

それを前提として、以下には、低出生体重で産まれた赤ちゃんとお母さんと、ケアをする医療スタッフのための基礎知識がまとめられています。

 

低出生体重児とは

赤ちゃんの在胎週数によって、適した栄養法は異なります

母乳を飲むと予後もよくなる|低出生体重児の栄養源の優先順位

妊娠中から知っておきたい!低出生体重児の母乳育児の始め方

片手で抱くとやりやすい!低出生体重児への授乳の仕方(図解)

搾乳と直母の両方が大切|在胎週数32-36週の赤ちゃんへの授乳の仕方

直母ができない場合の奥の手|赤ちゃんの口に直接搾乳する方法

いつからどうやって飲ませればいい?在胎週数32週未満の赤ちゃんの栄養法

低出生体重児に必要な1日の母乳量

低出生体重児の1回の哺乳量

低出生体重の赤ちゃんにコップで飲ませる方法(図解)

低出生体重児の栄養法日齢7日以降

低出生体重児の体重増加速度の目安

基準は体重ではありません低出生体重の赤ちゃんが退院できる条件

いつまで受診すればいい?低出生体重児の退院後の経過観察

早産児・低出生体重児のお母さんが、より育児に自信を持てる方法|カンガルー作戦

低出生体重児を産後からお母さんが育てる!カンガルー作戦のやり方

低出生体重児とお母さんの両方に良いことがたくさん!カンガルー作戦のメリット

カンガルー作戦を卒業する方法

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る