低出生体重児の体重増加速度の目安

2500 g以上で産まれた赤ちゃん、2500 g未満で産まれた赤ちゃん、1500 g未満で産まれた赤ちゃんは、それぞれ体重増加速度が異なります。

 

低出生体重の赤ちゃんの体重の増え方と、増加不足の場合に考えられる原因の説明です。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

6章 例外的に困難な環境の乳児の適切な栄養法

6.1.2 飲ませ方

 

出生体重が1500 g以上の赤ちゃんは、産後1-2週間で元の出生体重まで戻ることが予想されます。

しかし、出生体重が1500 g未満の赤ちゃんの場合は、2-3週間かかるでしょう。

 

その後、平均的な体重増加は体重1 kgあたり10-16 g/日で、小さい赤ちゃんほど速く増えます。

 

予想される体重増加より少ない場合は、赤ちゃんは適切な量の母乳を飲めていないと考えられます。

 

よくある原因

  • 感染症・低体温症・鵞口瘡・貧血
  • 授乳回数が少ないこと
  • 飲ませる量が、必要な量より少ない場合

これらは改善されるべきです。

 

出生体重が1500 g以上の場合は、産後1-2週間で元の出生体重に戻ることが多いんですね。

WHOが定める体重増加不足の目安

1500 g未満で産まれた赤ちゃんは、出生体重に戻るまで2-3週間かかることが多いんですね。

 

体重増加速度はあくまで平均なので、「体重増加曲線が予想されるカーブを描いているかどうか」を経過観察することが重要なようです。→※月齢に対する体重不足が分かります|WHOの体重-月齢曲線

 

母乳不足の原因のまとめ

低出生体重児に必要な1日の母乳量

2017/4/6更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る