母乳不足の原因のまとめ

赤ちゃんが母乳を十分に飲めていない原因は、「お母さんが母乳が出ない体質」などという単純なことではないのです。

ほとんどの場合は授乳の仕方に問題がありますが、そのほかにも考えられる様々な原因をまとめてあります。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.10 母乳の不足と不足感

表9 母乳不足の原因

 

授乳の仕方の要因

  • 授乳の開始が遅れた
  • 決められた時間に授乳している
  • 授乳の頻度が少ない
  • 夜間授乳がない
  • 授乳時間が短い
  • 下手な乳房への吸着
  • 哺乳瓶やおしゃぶりを使っている
  • 母乳以外の食べ物や飲み物(水やお茶)を与えている

 

お母さんの心理的要因

  • 自信がない
  • 憂鬱になっている
  • 悩みやストレスがある
  • 授乳が嫌いである
  • 赤ちゃんのことを拒否している

 

お母さんの身体的要因

  • 避妊ピルや利尿薬を使った
  • 妊娠した
  • 深刻な栄養失調である
  • 飲酒
  • タバコ
  • 胎盤の一部が体内に残っている
  • 下垂体不全になっている(まれ)
  • 乳腺の発育不全(非常にまれ)

 

赤ちゃんの状態

  • 病気にかかっている
  • 奇形がある

 

※赤ちゃんが哺乳不足になる原因の詳しい内容は、それぞれのリンク先に書いてあります。

 

何が原因か分からない場合は、こちらをどうぞ→●母乳不足の原因を調べる方法|理由が分からない場合のヒント集

2017/5/14更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る