母乳不足につながる赤ちゃんの状態

赤ちゃんが十分な量の母乳を飲めていない場合、「お母さんが母乳が出ない体質だから」と思いがちですが、実際は様々な理由があります。

十分な量の母乳が飲めていないのは、お母さんは関係なくて、赤ちゃんの方に理由がある場合もあります。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.10 母乳の不足と不足感

 

<赤ちゃんの状態>

赤ちゃんの体重がよく増えなかったり、上手に哺乳できずに母乳の生産を促せなかったりする原因としては、病気、未熟児、口蓋裂などの先天性異常で産まれた子ども、心臓や腎臓の異常、があります。

 

母乳の生産量が少ないと決めつける前に、これらの要因を考慮して、慎重に赤ちゃんを調べることは常に重要なことです。

 

赤ちゃんの体重増加がよくない場合や、効率よく哺乳ができていない場合に、「母乳が出ていない」と決めつけずに、赤ちゃんの状態は問題ないかな?と考えることも大事なんですね。母乳育児は母子の組み合わせによって最適化する必要がありますが、赤ちゃんの状態に応じて、授乳の仕方に工夫が必要になることもあります。

 

病気のとき

入院時の対処法は?鼻づまり中の授乳方法は?病気中の母乳育児のまとめ

 

黄疸や、赤ちゃんの先天性疾患など

母乳育児の悩みの対処法まとめの一番下に書かれている「赤ちゃんの特定の状況と母乳育児」をご参照ください。

 

その他の哺乳不足の原因はこちら

母乳不足の原因になる授乳の仕方

母乳不足につながるお母さんの精神状態

母乳の生産量が少なくなりうるお母さんの体の状態

 

2016/1/18更新

関連記事

コメント

    • 伏山 仁美
    • 2018年 10月 20日

    初めまして、おはようございます。
    2か月あたりから体重の増えが悪くなり、そしてここ数日は少しずつ減り始めてどうしたらよいものかわからず連絡させていただきました。
    7月11日生まれで出生体重4038g→1か月健診4820g→2か月5740g→3か月6190g
    新生児黄疸で光線療法を受けてから傾眠がち、哺乳が弱く混合にしてましたが体重の増えが悪いので生後2週間過ぎてから完全母乳にしました。そこから体重の増えは改善しましたが、射入反射が強く1回の授乳で片乳5分程度しか飲まないので頻回授乳をして授乳量を増やしていました。射入反射が強いので勢いのあるおっぱいを飲み終えると口を離し、その後は飲ませようとしても泣いて嫌がり、泣いた嗚咽で吐くことも度々。そこからは無理せず嫌がったら授乳をやめる形にしましたが、2か月に入ったあたりから1回の授乳時間か3分に減り、体重の増えも緩やかになり、3か月に入る頃には体重が全く増えなかったり、増えても日に日に減ったりしています。10月初めから風邪をひき、鼻づまりで哺乳が出来ず、一時体重が減りましたが内服治療をしたら哺乳は改善しました。思えば体重増加は良かったですが、新生児の頃に夜間嘔吐したり、うんちが頻回でお尻がかぶれたり、射入反射が強く前乳しか飲めてなさそうなことから母乳過多で体重が増えないのかと思い、3か月に入り、母乳過多の対処法を試してみることにしました。最初の日に搾乳100mlしてから6時間毎の時間割授乳をしたら1日20gずつ1週間は増え始めたのですが、ここ4日くらい10gずつ減っています。減り始めてから、方法を変えようと片乳が張るまで肩乳のみをあげる方法に変え、肩乳が張るまで10時間かかりました。それでもパンパンというわけではなく、下のあたりが硬くなり痛いかな程度です。おしっこは1日8〜10回、うんちは1か月半あたりから2日に1回、水っぽいこともありますが粘り気があるものが出ます。過多ではなく、逆に母乳不足なのでしょうか?ご機嫌良く、1か月半あたりから笑顔が多くおはなしもします。私がそばにいなくなると泣きますがそばにいるとご機嫌なことも多いです。10月に入り風邪をひいてから咳が朝方だけだったので様子を見てたら昨日の予防接種で肺に雑音があり内服治療を開始したところです。だからと言って呼吸が苦しく、授乳ができないわけではなく、1日12〜15回くらいは飲んでいます。体重が減るのはその影響もあるのでしょうか?3か月に入り、9日で体重が95gしか増えていません。上2人は体重増加著しく、過体重ぎみだったので、3人目にしてどうしたらいいかわからなくなってしまいました。

    • はじめまして。急にお子さんの体重が増えなくなると、心配になりますよね。
      いただいたコメントからは、ほとんど母乳過多のサインに当てはまるので、基本の方法や時間割法を試してみるのはいかがでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る