赤ちゃんの正常なウンチの量と回数

赤ちゃんのウンチのタイプはバラエティに富んでいますが、そこからサインが分かることもあります。

あなたの赤ちゃんはどんなウンチをしていますか?

 


<産後数日>

:胎便と呼ばれる、濃いタール便→産まれて数日経つと、徐々に明るく黄色っぽく柔らかくなっていく

匂い:マイルドで不快じゃない感じ

固さ:カスタードやスクランブルエッグのような感じ

 

おしっこ:1日1回か2回→日が経つにつれ、増えていく


<週齢6週までの母乳で育っている赤ちゃん>

回数:頻繁(多くは1日に2回~5回。授乳の度に出ることもある)。1日に1回以下の場合は、おしっこや便の量や体重変化に問題がないなら、OK。

:通常の便の色は黄色。緑がかった黄色い便がたまに(1週間に1-2回程度)出るのは問題ない。

:多くの場合は、小さじ2-3杯程度の少量のみ。

固さ:便は液状で、液体成分が混ざっていることも多い。

 

おしっこ:生後1週間を過ぎると、尿は無色か、薄い黄色なら問題ない。

 

※1日に、120 mlほどまでの大量の便を1回以上する場合は、乳糖過負荷を疑う。

 


<週齢6週を過ぎた(月齢1-2カ月以降)母乳で育っている赤ちゃん>

腸の蠕動運動や肛門の反射 (=ウンチが出る)も、大幅に減ってきます。

 

回数:1日にする便の回数は1回とかそのくらい。3-10日に1回くらいだけの赤ちゃんもいる。まだ授乳の度に出る赤ちゃんもいる。

:便は、他の食べ物を与え始めるまでは黄色のまま。数日間ためて出す場合は、腸管をゆっくりと通過するうちに酸化され、一般的に明るい茶色になる。

:便の量は多く、およそ240 mlほど。便の回数が少ない赤ちゃんの場合は、もっと多くなることもある。

固さ:固さはホイップクリームに近づく。通常は、便の中に液体成分が混ざっていることはない。

 

おしっこ:通常は、無色。

尿の量や便には問題ないのに、尿の色だけ黄色になっている場合は、お母さんがビタミンBのサプリメントを摂ったなど、食べたものの影響でしょう。

 

※新生児期のような頻繁な便、水っぽい便、あるいはしょっちゅう緑の便をする場合は、乳糖過負荷を疑う。

 


<緑の便を気にしなくていい場合>

  • 通常、母乳で育つ赤ちゃんが1回緑の便をしたからといって、問題にはならない。
  • 痛がる様子もあるなら、いつもと違うことが起こったか、お母さんが服薬を含めて、何か過剰摂取したか。
  • 緑色が濃いほど、消化管を通過したスピードが早い。問題に対処すれば、緑の便は黄色になる。
  • 便をしたあとにオムツを取り替えるまでに時間が空くと、酸化されて緑色になる。時間が経った便が緑だからといって、元の色はどうだったかは判断できない。

<乳糖過負荷が原因でウンチに血が混ざることも>

便の色:明るいオレンジ色・明らかに赤やピンクの成分が混じっている・黒い・タール便

 

●乳糖過負荷の原因①アレルギー反応

母乳中のアレルゲンが赤ちゃんの消化管粘膜にダメージを与え、乳糖過負荷になる。

 

●乳糖過負荷の原因②母乳過多

前乳の飲みすぎが原因で、乳糖過負荷になる。アレルギー反応と誤診されやすい。

 

原因を除去すれば、その日のうちに症状は治まってくる。

消化管のダメージが完全に修復されるには、最長6週間ほどかかるので、その間は軽めの症状が続くかもしれない。

 

関連記事

赤ちゃんの正常な尿の回数

乳糖過負荷になりやすい授乳の仕方→※母乳過多や過飲症候群はなぜ起こるのか?

乳糖過負荷の原因と対処法のまとめ→※母乳過多・過飲症候群・乳糖不耐症まとめ

 

参考文献など

1. Robyn Noble, Anne Bovey. Resolution of Lactose Intolerance and “Colic” in Breastfed Babies. presented at the ALCA Vic (Melbourne) Conference, 1997

 

2. La Leche League International (LLLI)のHP (Bowel Movements)

2017/5/13更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る