赤ちゃんの正常な尿の回数

母乳をどれだけ飲めているのか、目で見ることはできません。

 

でも、赤ちゃんの尿をチェックすることで、母乳が十分に飲めているかが簡単にわかります。

その詳しい判断方法のガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.10 母乳の不足と不足感

 

哺乳不足のもう一つの信頼できるサイン

 

~尿量が少ないこと~

十分な量を哺乳できている、母乳のみで育つ赤ちゃんは、通常24時間で6-8回以上の薄い色のおしっこをします。

 

もし赤ちゃんが一日にするおしっこの回数が6回未満の場合、

特に尿の色が濃い黄色で、においが強い場合は、十分な母乳量は飲めていません。

これは赤ちゃんが十分な量を飲めているかどうか、すぐ判断できる便利な方法です。

 

ただ、赤ちゃんが母乳以外にも何かを飲んでいる場合は、この方法は役に立ちません。

 

<原因>

表9に、

  • 哺乳量が少ない原因(お母さんの肉体的要因)
  • お母さんの体の状態
  • 赤ちゃんの状態(病気や異常)

を、授乳の要因ごとに分類してまとめています。

 

もし1日の尿の回数が6回より少なかったり、おしっこの色やにおいが濃い場合は、哺乳量が少ない可能性があるということなんですね。

 

 

母乳育児に必要なのは、運や根性より知識とスキル

哺乳不足の原因としてよくあるのは、母乳の生産能力は十分だけど、授乳スキルが不十分なこと。母乳育児は母子の組み合わせによって最適化する必要があるため、最初からスムーズにいかなくても自然なことです。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

哺乳量が少ないサインには当てはまらないけど、母乳が足りない気がする場合は、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

 

関連記事

真夏は母乳のみだと水分不足になる?

赤ちゃんの正常なウンチの量と回数

2017/2/22更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る