⑧赤ちゃんに優しい病院では、赤ちゃん主導の授乳を奨励されます

時計を見ながら、大人が授乳のタイミングや授乳にかかる時間を決めなくても、赤ちゃんは自分で飲みたいタイミングや量が分かっています。

赤ちゃんまかせにすると、どんな飲み方をするのでしょうか。

 

全ての赤ちゃんに優しい病院(BFH)が守らなければいけない、母乳育児を軌道に乗せるための10ステップ(通称:母乳育児を成功させるための10カ条)の、Step 8です。

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第4章 産科施設における、乳児の栄養法の管理と支援

4.6 母乳育児を支援する環境づくり

 

Step 8 赤ちゃんが欲しがるたびに授乳することを、奨励する。

 

赤ちゃんが欲しがるたびに、日中・夜間関係なく、赤ちゃんが哺乳の準備ができたサインを示したときはいつでも、授乳することを奨励しましょう。

 

これを「要求に応じた授乳」「赤ちゃん主導の授乳」「制限なしの授乳」といいます(第2章2.12参照)。

 

お母さんは、赤ちゃんが自分から乳房を離すまで授乳を続けましょう。

赤ちゃんは一般的に、だんだん哺乳量は少なくなって休む時間が長くなり、吸てつもゆっくりになり、そして乳首を吐き出して満足そうにもたれかかります。

 

 

数分後、お母さんは反対の乳房も飲ませようとするべきですが、赤ちゃんは飲むかもしれないし飲まないかもしれません。

飲まない場合は、次の授乳は反対の乳房から始めればいいのです。

 

生後数日は赤ちゃんがとても頻回に母乳を欲しがることがあります。

これが母乳の分泌を促進するのに有利に働きます。

 

医療従事者は、赤ちゃんが上手な吸着と効率的な哺乳ができることを確実にし、「授乳が軌道に乗れば、頻度は減る可能性がある」とお母さんに教えましょう。

 

上手に乳房に吸着できているかをチェックしてもらった上で、頻度を心配せずに好きなだけ飲ませた方が、母乳育児は軌道に乗りやすいんですね。

上手な吸着と効率的な哺乳ができるようになるためには、ポジショニングの知識とスキルが欠かせません。

赤ちゃんの授乳頻度や授乳にかかる時間についての研究結果などは授乳パターンから見ることができます。

 

 

ステップ8に関して、BFH認定という肩書のない病院の場合は、以下の条件に当てはまるほど、赤ちゃんに優しい病院だと考えられます。

  • 授乳には時計は必要ないことを教えてくれる(授乳間隔や授乳にかかる時間を計らない)。
  • 赤ちゃんが欲しがるたびに授乳すると、どんな授乳パターンになるか教えてくれる
  • 赤ちゃんの哺乳の準備ができたサインについて教えてくれる

 

母乳育児の立ち上がりに必要なのは母親の努力より医療システム!

BFHと名乗る病院が達成しなくてはいけない条件は何?近くにBFHがなくても、できるだけそれに近い産科施設を選ぶための見分け方は?

など、産科施設のシステムについての話は第4章まとめ|赤ちゃんに優しい病院、BFHとはにまとめてあります。

 

2017/1/30更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る