正しい授乳のタイミング

母子の組み合わせによって、一度に飲む母乳の量はさまざまなのです。

それでも赤ちゃんに必要な量の母乳を飲ませるには、どうすればいいのでしょう?

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第2章 母乳育児の生理学基礎 

2.12 授乳にかかる時間と間隔

 

生後6カ月を母乳のみで育てるために、また適切な母乳の生産と哺乳を確実にするためには、赤ちゃんが欲しがるだけ授乳することが必要です。

 

それは、赤ちゃんが欲しがるだけ頻繁に、飲みたがるだけ長く、昼夜関係なく授乳するということです(28)。

これは「要求に応じた授乳」「制限なしの授乳」「赤ちゃん主導の授乳」と呼ばれます。

 

食欲に応じて好きなだけ飲ませてもらえる赤ちゃんは、順調に成長するために必要な量を得ることができます。

そのためそういう赤ちゃんは、飲むことができる母乳のうち63-72%しか飲まないので、乳房は空っぽにはなりません

 

飲もうと思えばもっと母乳は出てくるはずなのです。

つまり、赤ちゃんは乳房が空っぽになったから飲むのをやめるのではなく、満足したからやめているということが分かります。

 

よって、赤ちゃんが上手に吸着できているなら、授乳の時間や間隔は制限しないことが重要なのです。

乳首がダメージを受けるのは、乳房への吸着の仕方が下手なことが原因であって、授乳が長いことが原因ではありません。

 

赤ちゃんが自分で乳首を離すまで、授乳を続けましょう

少し休んだ後、欲しがっても欲しがらなくても、もう片方の乳房も飲ませてみましょう。

 

乳房への吸着が上手くできれば、赤ちゃんの気の向くままに授乳していれば、うまくいくということなのですね。

 

赤ちゃんにくわえさせるだけなら簡単に思えるから、まさかそれが授乳が上手くいかない原因とは思わず、別のこと (母乳不足感など)が、上手くいかない原因なのかな、と悩んでしまうんですよね。

 

体重増加や乳房のトラブルなどの問題もなければ、授乳回数なんて気にせずに、「うまくやれているんだ、これが私たちのペースなんだ♪」と自信を持っていいんです。

母乳は一度に飲む量がバラバラなので、粉ミルクの授乳回数を目安にすることはできません。

 

「母乳不足」という言葉は正しくない!母乳不足に関する記事まとめ

「母乳育児が軌道に乗る授乳方法」のやり方・疑問・悩み|まとめ

 

授乳にはスキルが必要!

上手く乳房へ吸着できるかどうかは、ポジショニング次第といっても過言ではありません。

楽に効率よく哺乳するコツは、タグ#ポジショニングからチェックしておきましょう。

 

2017/1/29更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る