母乳育児を上手くやれたお母さんも、良いアドバイザーになれる

専門家じゃなくても、専門家とは別のやり方で、役に立つことができます。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

9章 政策・医療制度・地域活動

9.3 家族や地域での行いを強化すること

9.3.3 本職ではない・同等の能力を持つカウンセラーの訓練と支援

ヘルスワーカーは、お母さんや家族が必要とする支援を、全て行うには十分な時間がないこともよくあります。

 

同等の能力を持つカウンセラーは、保健サービスの範囲を拡張し、より簡単に乳幼児の栄養法のカウンセリングを受けやすくすることができます(17)

同等の能力を持つカウンセラーは、支援を受ける人々と同じバックグラウンドを持ちます。

典型的なのは、一人以上の子どもを出産したことがあり、母乳育児をうまくできた女性です。

 

本職ではないカウンセラーは、支援を受ける人々と共通点はそんなになく、母乳育児の経験もないかもしれません。

しかし、委託され、十分にトレーニングされていれば、両方のカウンセラーが効率的になれるでしょう。

 

 

彼らは個人的なカウンセリングを行ったり、妊娠中・授乳中の女性の家を訪問したり、支援団体を指導したり、地域団体での講演を行ったり、地域の保健施設でヘルスワーカーと一緒に働いたりするでしょう。

本職ではない・同等の能力を持つカウンセラーは、ヘルスワーカーのために作られた、その地域に適合するコースに沿って、必要な技術をトレーニングすることができます(18)

 

彼らは、活動を続けるためのサポートをしてくれる人と、同時進行でつながっていく必要があります

このサポートはヘルスワーカーや保健施設、またはNGOによってできるでしょう。

 

日本では、いわゆる民生委員や児童委員などもここに含まれるでしょう。

 

世界的に推奨されているやり方で母乳育児を行った経験がある人はもちろん、経験がなくても、適切なトレーニングを受ければ有能なアドバイザーになれるということですね。

 

トレーニングされていないアドバイザーは、知識が古い・医学的じゃないこともありますが、その場合は、お母さんの悩みがより深まったり、正しくないやり方へ誘導してしまったりしてしまう危険性があります。

相談に乗ってくれる人を確保するだけでなく、その質を高めることは必要不可欠なステップということですね。

 

適切な知識って?↓

2章まとめ|誰も教えてくれなかった、おっぱいと母乳の基礎知識

3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです

2017/4/15更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る