仕事中に搾乳する時間がない場合にも、分泌維持するには?

仕事復帰して、赤ちゃんと離れる時間が長くなっても、母乳育児を続けることができます。

授乳できない代わりに搾乳することで、母乳の生産量を維持する効果があるものの、搾乳する十分な時間がない場合は、たとえばこんな方法もあります。

 

 

<休憩時間がなくても分泌を維持する奥の手>

出勤前と帰宅後(夜間も含む)は、頻回に授乳する

→母乳の生産を一時休止していた乳腺組織に、「まだまだ現役でいてね!」という刺激を送ることができます。

 

トイレ休憩の2-3分だけでも、搾乳する

→少しでも母乳が取り除かれれば、その分、母乳を生産する能力は上がります。

本当に時間がなければ、1分だけでも、30秒だけでも、その分の効果はあると思います。ちょこっと搾乳を1日に複数回できれば、さらに効果的だと思います。

特に月齢6カ月未満なら、月経を抑制する効果も期待できるでしょう。

可能なら少しでも搾乳は持って帰って、出勤日に飲ませてもらえれば、赤ちゃんは嬉しいと思います(^^)

仕事先からの搾乳の持ち運び方(裏技)

 

哺乳瓶はできるだけ使わない

→哺乳瓶を使う場合は、直母と哺乳瓶を両立できずに「乳頭混乱」か「哺乳瓶拒否」のどちらかになる可能性が常にあります(いつまで両立できるかは赤ちゃん次第・運次第)。

もし、赤ちゃんが哺乳瓶に慣れて、直母を拒否するようになる(=乳頭混乱)と、母乳育児はとても辛いものになります。

逆に、哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんにわざわざ哺乳瓶で飲めるようにトレーニングするのは、とてもデメリットが大きい行為です。

 

全ての月齢の赤ちゃんにお勧めなのがコップでの補足です。

カップフィーディングのやり方(図解)

月齢5-6カ月以降はストローも使えるようになっていきますが、ストローでの補足はデメリットがないのか、現在の所不明です。

 

参照

仕事復帰後に母乳の分泌を維持する方法|WHO

仕事復帰後の母乳育児の考え方|WHO

 


最適なやり方はそれぞれ

「仕事中のちょこっと搾乳」や「家での授乳」を何回くらいすれば維持できるかは、母子の組み合わせによって違うかもしれません。

もし、「分泌が低下してきたかも?」と思ったときも、意識的に回数を増やせば、また回復させることができます

母乳は、月齢問わず、必要とされるだけ(授乳や搾乳で除去されただけ)生産されるようになっているのです。

 

夜間授乳は、「お母さんが好き勝手に寝返りを打ちながら、自分のペースで自由に眠れない!」などの大変さはあるのですが、それ以外にメリットも山ほどあるので、単なる悪者としてではなく、少し長い目で見てみるといいかもしれません。

 

【搾乳はコツが必要】

搾乳は、慣れも必要ですが、コツもあります。スムーズに搾乳するためには、【たった1分のコツで搾乳量を倍にする方法】もチェックしてみてください。

その他、【外出先・仕事先からの搾乳の持ち運び方(裏ワザ)】を始めとして、タグ#搾乳で、搾乳の基礎知識や裏ワザなどの、役に立つ情報を得ることができます。

 

2017/4/15更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る