母乳は免疫学的に2歳以上まで重要

「いつまでおっぱいを飲ませていいの?」と迷っていたら、ちょっと読んでみてください。(前回の記事の続き)

 

<免疫的要因>

多くの人々は、母乳には赤ちゃんにとって免疫学的な利点があることを知っていますが、そのプロセスを理解している人は少ないです。

 

普通の赤ちゃんは、産まれたときは免疫システムが未熟で、2歳から6歳にかけて成熟します。

母乳についてあまりよく理解されていないことの一つは、母乳には、幼い子供の免疫システムが完全に成熟するまで補う役割があることです。

 

新生児にとって、初乳は抗体とイムノグロブリンがギュッと詰まったもので、赤ちゃんが産まれた直後に追加のワクチンを接種するようなものです。

 

病気になった赤ちゃんは、哺乳頻度が増えることが多いですが、研究者たちは、しんどいのを癒すためだけでなく、お母さんの乳房を通じて、利用可能な抗体と免疫的な要因を取り込む量を増やすためもあると考えています。

赤ちゃんたちは、自分がウイルスやバクテリアにさらされていることを「知っている」ようで、それと戦うためにはより頻繁に哺乳することが必要だということも分かっているようなのです。

もっとも重要なことは、赤ちゃんたちは、親が病気が悪化しているのに気づく前に、察知しているということです。

 

0歳や1歳、または2歳代で乳離れさせたお母さんでさえ、以前より病気になることが増えたことに気づくでしょう。

または、乳離れさせて初めて、

「母乳の免疫学的な利点は一定期間が過ぎても消滅していなかったんだ」

ということや、

「乳離れさせたとしても、結局スケジュール通りにはいかないのか」

ということに気づくことになるでしょう。

 

<原文>

Lisa Marasco, BA, IBCLC and Jan Barger, MA, RN, IBCLC. Examining the Evidence for Cue feeding of Breastfed Infants

 

気軽に断乳をアドバイスされることが多いですが栄養学的にも、免疫学的にも、精神学的にも、おっぱいを別のもので補おうとすることは、実はとても労力がいるとは、あまり知られていません

 


<赤ちゃんの看病に母乳が大活躍な3大理由>

  1. 赤ちゃんが戦っている感染源を、ピンポイントで攻撃できる免疫物質を、母乳を通じてたくさん渡すことができます。

  2. 子どもの食欲が全くなくても、食事よりも質の高い栄養素(病気の回復に必要)を、飲むだけで簡単に補給することができます。

  3. 夜中でも、なんなら寝ながらにして、水分、栄養、病気と戦うための免疫物質を、簡単に補給することができます。

 

おまけ:「授乳という行動」そのものも、病気の早期発見になる(=悪化しにくい)と感じます。

おっぱいをくわえた時の口の温度で、手で触っても分からないような微熱段階で気づけたり、よく観察しないと気付かないような小さな発疹や、耳アカ(耳のトラブル)などが発見できたり。

私は、スキンケアや爪切りなどのお手入れも、授乳中によくやっていました。

関連記事

母乳には、保育園でもらった病気にも対抗できるシステムがある

「母乳の免疫は半年でなくなる」はウソ!母乳の抗感染因子

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」にも、母乳と免疫、長期授乳についてのWHOガイドラインなどの情報がまとめられています。

 

2017/5/12更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る