仕事復帰後に母乳の分泌を維持する方法

WHOは、仕事を復帰しても、母乳育児を続けることを推奨しています。

赤ちゃんに直母できない時間が長くても、母乳の分泌を維持するためのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.16 母子分離

 

<分泌維持の方法>

お母さんがすること

  • 夜間や週末など、家にいるときはいつでも直母しましょう
  • 赤ちゃんと添い寝することで、深夜や早朝にも授乳することができます。
  • 仕事に行く前に、朝、搾乳をしましょう。
  • 分泌を維持するために、仕事先で搾乳しましょう。

    搾乳は、可能なら冷蔵保存しましょう。
    室温なら、家に持ち帰るまでの8時間までは保存可能です。
    それが不可能なら、搾乳は破棄しなければいけません。

    搾乳すると母乳が失われてしまうのではなく、乳房はより多くの母乳を作るようになるということを理解しましょう。
    仕事中に搾乳しなければ、母乳の生産は減少します。

 

「家にいるときはいつでも直母させる」ことを推奨されるなんて、断乳指導が一般的な日本のお母さんにとっては、意外かもしれません。

帰宅後におっぱいを求める赤ちゃんに、ご飯や牛乳を与えてごまかさなくてもいいんですね。

 

月齢が進んでも、赤ちゃんが狂ったように(?)おっぱいばかり欲しがることも、よくあります。

母乳には体の成長に必要な成分だけでなく、脳の発達にも良い成分も入っているので、出し惜しみせずに飲ませるのはいかがでしょうか。

第2章まとめ|誰も教えてくれなかった、おっぱいと母乳の基礎知識

母乳を飲んでいると中耳炎も軽く済む!

 

その他、職場での搾乳の三大障壁「時間がない」「場所がない」「冷蔵庫がない」 を解決するヒントや、搾乳量を増やすテクニックなどは搾乳仕事復帰を参考にどうぞ。

2017/4/2更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る