乳幼児の栄養法のカウンセリングスキル|非言語コミュニケーション

母子の健康に責任のある専門家(医師・助産師・保健師など)は、赤ちゃんの栄養法について問診をする機会がたくさんあります。

その際に必要になるスキルについてのWHOのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

5章 乳幼児の栄養法の継続的支援

5.3 良いコミュニケーションとサポートの技術

話を良く聞いて理解するためのスキル

効果的な非言語コミュニケーションを用いましょう。

非言語コミュニケーションとは、あなたがしゃべること以外でコミュニケーションを取る方法です。

 

効果的な非言語コミュニケーションは、ヘルスワーカーがお母さんに敬意を払い、お母さんに関心を持っていることを示します。

 

例えば、

  • あなたの頭はお母さんと同じ高さくらいにキープされ、お母さんを見下ろしていないこと
  • アイコンタクトを取り、うなずいたり笑いかけたりすること
  • あなたとお母さんの間にはテーブルや、目につく用紙などの障害物がないこと
  • あなたが時間的余裕がないように見えないように、注意を払うこと
  • その地域の文化的に適切なやり方で、お母さんや赤ちゃんに触れること

 

スムーズな人間関係の築き方と似ていますね。

忙しさを感じさせることも、物理的な障害物を間に置くことも、相手を心理的に遠ざけようとしている表れです。

相談中に時計を見たり、腰をすえずに作業しながら・動きながら話をしたりするのは、「あなたのために割く時間はない」あるいは「あなたの話は集中して聞く価値がない」というようなメッセージになってしまうかもしれません。

 

逆に、アイコンタクトをとることや、お母さんや赤ちゃんに適切なやり方で触れることは、心理的に相手に歩み寄っていることの表れです。

 

お母さんの知識や状況や考え方は人それぞれなので、お母さんに信頼されなければ、必要な情報を得ることは難しいでしょう。

つまり、お母さんから必要な情報を十分に得るためには、信頼関係が必要なのです。

2017/4/7更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る