乳糖不耐症?過飲症候群?たそがれ泣き?|見分け方

赤ちゃんがしょっちゅう泣いておっぱいを求めたり、吐いてもまだ飲みたがったり、下痢が続いていたり、常に落ち着きがなかったり…

母乳を飲ませすぎなの?足りないの?と悩むお母さんも少なくないようです。

まずは、その症状の原因を見極めましょう。

 

タイトルの3つの徴候は、似ている部分もあり、判断が迷うところです。

「赤ちゃんがしょっちゅう泣く/ 激しく泣く」のが共通した症状です。

 

「乳糖不耐症」は、原発性のものは哺乳類として本当に珍しく、「乳糖の過負荷」が原因となる二次性のもの(改善可能なもの)がほとんどです。

乳糖の過負荷は、消化管がダメージを受けた場合(感染症など)や、おっぱいを飲むときに、脂肪分が適切に摂取できなかった場合に起こりやすくなりますが、改善可能なものです。

 

●乳糖過負荷の赤ちゃん

  • 体重が増えない
  • 過剰なおなら
  • 水っぽい便を、豪快な音を立てて頻繁にする(軽い場合は黄色、重症になると緑色に)
  • コリック(腸内で大量生産しているガスのせいで泣く)
  • 落ち着きがない
  • 酸によって肛門がただれる
  • 粘液の混ざった便

→後乳が十分に飲めていないために、乳脂肪分のバランスが悪く、消化しにくくなっている(過飲症候群が原因の場合も)

 

※一般的に信じられている話と違って、授乳中に空気を飲むだけでは、おならが増えたり、コリックの徴候が出たりというような、臨床的な相関関係はなかったとか。

 

●過飲症候群の赤ちゃん

  • 最初はものすごい勢いで体重が増える
  • その後、体重の増えが悪くなる
  • 母乳を吐く
  • たそがれ泣き(コリック・疝痛)のように泣く
  • 頻繁にゆるい便をする
  • 便は泡状だったり緑がかっていたりすることもある

→お母さんの母乳過多が原因で、前乳と後乳の飲み方がアンバランスになっている(そのせいで乳糖過負荷になっている可能性も)

 

●たそがれ泣きの赤ちゃん

  • 「授乳しても泣きやまない」
  • 赤ちゃんは順調に成長している
  • 決まった時間に泣くことが多い

→これは現在のところ原因不明で、月日が経てば自然に治まることだけは明らか。

授乳したり抱っこしたりすればすぐ泣きやむなら、それは「たそがれ泣き」ではないのかも。

 

※たそがれ泣き(コリック・疝痛)について研究した、IBCLCで看護師のMarie Davisさんによると、一般的に「たそがれ泣き」と思われていた症状の、95%ほどは過飲症候群が原因だったとか(つまり、親子で我慢するべきものじゃなくて、対処すれば改善するってこと)。

 

これら3つに共通しうる原因の「母乳過多・過分泌」について、詳しくは↓

母乳過多・過飲症候群・乳糖不耐症まとめ|原因と対処法

記事内容だけでは解決できなかった様々な悩みが寄せられている、経験談(母乳過多)も参考にどうぞ。

 


母乳過多・過分泌に関する記事は、以下を参照して書いていきます。

1. 搾乳していいの?過分泌の原因と対処法

 

2. Caroline GA van Veldhuizen-Staas, Overabundant milk supply: an alternative way to intervene by full drainage and block feeding. International Breastfeeding Journal 2007, 2:11

 

3. M.W. Woolridgea, Chloe Fisherb. COLIC, “OVERFEEDING”, AND SYMPTOMS OF LACTOSE MALABSORPTION IN THE BREAST-FED BABY: A POSSIBLE ARTIFACT OF FEED MANAGEMENT? The Lancet, Volume 332, Issue 8607, 13 August 1988, Pages 382–384

 

4. Robyn Noble, Anne Bovey. Resolution of Lactose Intolerance and “Colic” in Breastfed Babies. presented at the ALCA Vic (Melbourne) Conference, 1997

 

5. La Leche League International (LLLI)のHP (Oversupply)

2017/1/25更新

関連記事

コメント

    • まなみ
    • 2015年 12月 10日

    コメント内容はこちらに移動させていただきました
    おしりかぶれ・吐き戻し・授乳タイムが怖い(生後52日)

    ●キーワード
    薬を使っても改善しないおしりかぶれ
    吐き戻し
    赤ちゃん主導の授乳ではうまくいかなかった
    乳首の痛み
    オナラ
    ウンチをする時のいきみ

    • まゆこ
    • 2017年 7月 24日

    はじめまして。
    いつも参考にさせてもらっています。
    乳糖不耐症について教えてください。
    1歳4ヶ月の子供に乳糖不耐症が疑われる症状があり、7日たちますが症状が改善しません。
    2歳以降までなるべく長く授乳を続けたいと考えていたので、1歳過ぎてからの乳糖不耐症は断乳をすすめられることが多いと聞いて受診をためらっています。
    自力で直せないか調べたところ、乳製品を毎日少しずつ摂取させる、母親が卵大豆乳製品を除去した食事をして授乳する、などありましたが、根拠がはっきりしない感じです。
    乳糖不耐症は自然治癒は難しいのでしょうか。
    下痢する以外はとても元気なので、このまま様子を見ていていいものか悩んでいます。

    • はじめまして。
      乳糖不耐症の症状が長引いているんですね。その原因が改善できれば自然治癒できるんじゃないかなと思いますが、何か心当たりはあるでしょうか。
      赤ちゃんのウンチの情報によると、消化管のダメージが回復するまでに最長6週間ほどかかるとのことなので、原因を改善できてからも、しばらく軽い下痢が続く可能性はあります。

    • 2017年 10月 06日

    コメント内容はこちらに移動させていただきました。
    うなる・緑の便・おしりのただれ・機嫌が悪い(生後54日)

    ●キーワード
    飲ませた後うなる
    水っぽいウンチ
    おしりが赤くただれる
    3時間空いたらカチカチに張る

    • いいと思います!
      赤ちゃんの哺乳パターンやおっぱいの様子に合わせて、やり方は適宜工夫してみてくださいね。

        • 2017年 10月 21日

        こんにちは。何度も質問して申し訳ありません。
        どのくらいまで改善すれば基本の授乳方に戻せますか?
        過多と思われるもの全てクリアしてからの方が良いのでしょうか。

        時間割授乳方を2時間から初め5時間まで延ばしました。(途中、左右差がでて左をパンパンになるまで我慢して授乳)

        ・おっぱいは大分張らなくなった。(授乳感覚が6時間を越えると漏れる)
        ・授乳時間が延びた。(5分~10分くらいだったのが30分くらいに)
        ・むせるのが少なくなった(パンパンのを吸わせるとむせる)
        ・おならが減った
        ・うならなくなった
        ・黄色の便に戻った

        便の状態がホイップクリームというのが想像できません。
        便が多いときはふわとろオムレツ状
        ちょこちょこおむつが汚れるくらいの便があるのですが、黄色で水状です。(おむつのラインが少し変わるくらい)
        おむつかぶれはまだ治ってません。
        このまま5時間で続けていいのでしょうか?

        • 時間が空いてしまいましたが、その後いかがお過ごしでしょうか。
          おっしゃる通り、基本の授乳に戻すのは、過多と思われるものをクリアしてからがいいかもしれません。
          いただいたコメントからは、まだ母乳の生産量は多いと思われますので、無理のない範囲で試して見られるといいかもしれません。

    • 2017年 11月 11日

    おはようございます。
    授乳間隔が大きく開かない限り100ml以上は漏れてないとおもいます。

    カップフィーディングがなかなか上手くいかず機嫌がよくしていても、カップを口につけると1~2回舐めてギャン泣き…お腹が空きすぎるとダメなのかとちょっと早めに飲ませてもギャン泣き…
    冷たいからかダメなのかと温めてもギャン泣き…
    なので前搾りはせずに少しの搾乳とオキシトシン反射の乳汁でしていました。

    説明通り流し込まないようにしているつもりなのですが、まだまだ慣れるには時間がかかるものでしょうか。

    これで解決するかも!と思っていたのに飲んでくれないので途方にくれています…哺乳瓶だと混同しますよね…

    • コップだとギャン泣きするんですね。
      それは反対に「お腹が空いてない」可能性はないでしょうか?コップで泣く時は、縦抱きでウロウロするなど、授乳以外の方法で落ち着くことはないでしょうか。
      勢いよく出てくるのに慣れているからイライラしている可能性もありますが、お腹が空いてないから要らない可能性もあるのかなと思いました。

      哺乳瓶も試してみてもいいと思いますが、そもそも哺乳瓶も飲み過ぎになりやすいので、効果があるかはやってみないと分からないところではあります(どうしてもコップがダメなら試す価値はあると思います)。

      あと、漏れる量は、一回あたりではなく、1日全部を合わせて100mL以上あると、余分に生産する能力がキープされるのではと考えています。

      おしっこが出ていればその日は十分な母乳が飲めているサインなので、大変ですが、「寝かしつけやあやすための授乳」を2日くらい封印して、お腹が空いたならまずコップ授乳、飲み足りなければ直母、飲まなければ縦抱きであやす、とするなど可能でしょうか。
      できるだけ、「赤ちゃんに必要な母乳しか外に出さない」「赤ちゃんは必要な母乳しか飲まない」という状況を2日でいいので作れれば、変化があるんじゃないかなと思います。

        • 2017年 11月 14日

        こんにちは。
        早速実践しています。
        授乳間隔が2~3時間くらいだったのが6~7時間くらいになって今までお腹すいてなくても飲んでいたのかとビックリしています。
        抱っこは重たくて大変なので抱っこ紐を使ってゆらゆらしていると泣き止ん寝ます。
        なので昼までずっと寝てる状態です…

        前搾りについて質問なのですが100mlも200mlも搾るものなんですか?
        搾り初めはポタポタくらいで子供が泣いたりするとドバドバとでます。
        搾りすぎるといけないかなと思いあまり搾っていません。
        ちょこちょこ搾乳25mlと前搾り25mlくらいを飲ませています。

        • 抱っこ紐で抱っこしていると快適なことを発見されたんですね、その調子でいろいろ試していけるといいですね。コップでも飲めるようになったのでしょうか。
          また、授乳間隔は流動的なものですし、お腹が空いた以外でおっぱいを欲しがることは何の問題もないのです(重症の母乳過多の場合は飲みすぎるので工夫が必要になりますが…)。
          もし、1日の授乳回数が8回以下の日が何日も続いたり、赤ちゃんのおしっこの回数が6回以下の日があったりしたら、意図的に授乳回数を増やす必要があるかもしれません。
          次に、前搾りをどれだけするかより、「赤ちゃんの口に入らない母乳(漏れる、捨てる)」がたくさんあることや、赤ちゃんが一度に大量の前乳を飲んでしまうことが問題になりやすいので、まずは今のペースで様子を見られていいんじゃないかなと思います。

    • りりい
    • 2018年 1月 07日

    コメント内容は以下へ移動させていただきました
    母乳不足と言われたことがありミルクをやめるのが不安(2ヶ月)

    キーワード
    ・ゲップをさせても吐く
    ・お腹が膨らんでいる
    ・でべそが膨らんでいる
    ・排泄回数が多い(オシッコ20回以上・うんち6,7回ほど)
    ・毎回水っぽい?緩めのうんち
    ・オナラの回数が多い
    ・時々いきんでる
    ・授乳後も泣く
    ・喘息のような痰の絡んだような呼吸

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る