授乳方法のアドバイスがバラバラで困惑(1ヶ月)

経験談(母乳過多)

現在、母乳過多について寄せられる質問が多くなり、似たような質問をいただくこともあるため、同じような悩みの経験談がないか情報を探しやすくするために、コメント欄を整理させていただいています。

※コメントへの返信内容はあくまでコメントから推察されることであり、正解とは限りません。

母乳過多の改善方法は母子の組み合わせによって最適化する必要があるので、そのヒントとしてご利用ください。

2019年 4月 09日

初めまして。
過飲症候群について調べていた所こちらにたどり着き、記事や他の方の体験談など拝見させていただきました。
今現在、1ヶ月の女児を完母で育てています。母乳育児について悩んでおり、ぜひ相談させて頂きたくコメントしました。

 

産院では、少し小さく産まれてなかなか母乳が上手く吸えず体重も減っていたため、頻繁に少しづつという事で助産師さんに2時間授乳をすすめられ実践していました。

産後数日たってから母乳の出がどんどん良くなりカチカチに張ってしまって、搾乳したり冷やしたりして対応していました。

量が多かったからか、娘も飲めても吐く事が多く悩みましたが、成長と共に上手くなるとしか言われませんでした。

退院時には体重も出生時より増えましたが、1ヶ月検診まで2時間授乳を続けるように言われました。


その後帰宅しつづけていましたが、気になる症状が出始め不安になり、調べたところ過飲ではないかと思うようになりました。

2時間では頻繁すぎるのかと思い、娘が起きた時にあげるように変えたのですが、だんだんと寝なくなってきておっぱいばかり欲しがるようになってしまいました。

 

以下気になる点です。

・授乳中何度かむせる
・お腹に発疹が見られる(数日で消えた)
・唸り声を出す
・授乳後もしばらくすると泣きだし、すぐにおっぱいを欲しがって泣き続け寝られない(その間指や拳をしゃぶってます)
・鼻が詰まりゼロゼロとした音が聞こえる
・抱っこした時反り返って嫌がることがある

母乳の出が良すぎるのか、授乳中に反対側の母乳が漏れて下着や服がかなり濡れてしまうので母乳パッドやタオルを挟んでいます。

授乳時間になるとカチカチになり乳首もすごく固くなるため、授乳前にほぐして少し搾乳してからあげています。

げっぷが上手く出せず、五分ほどトントンし、その後縦抱きでしばらく様子を見ていますがなかなか出ません。(1日8.9回の授乳中2.3回)

げっぷが出ないためか、溢乳や吐き戻しも多いです。
飲んだあともくるしそうに唸ったり、ガスがたまるのか機嫌が悪く泣いていることがあります。
1時間ほど経つと指や拳をしゃぶり始め、まだ早いと思い、あげずに抱っこなどであやしますが、怒って泣き、眠いのに眠れず泣き…という感じで、昼夜問わず長い時は10時間ほど起きて泣いており、私もどうしたら良いのか分からず参ってしまっています。


2.3時間ほど開けて授乳すれば良いのかと思いましたが、眠れずに泣いてばかりで我慢させ続けるのもとても苦しいです。
体重増加は、2週間の助産師訪問の際に32g/日と言われたので、そこまで多くないと思います。


飲ませたいだけ飲ませる、2時間ごと、娘の欲しがった時、3時間ごと…代わる代わる言われることに困惑しています。
なにかアドバイスをいただけたらと思います。
長くなりまして申し訳ありません…
すみませんが、よろしくお願い致します。

 

From sumire

はじめまして。それはとても大変な日々でしたね。
コメントから推察するに、母乳過多の可能性は高いと思います。
このブログの内容が、これまで医療者の方から聞いていた話と違うので、混乱するのももっともだと思います。

でも、混乱したまま改善方法を試すと、ポイントがずれていて効果が出ないこともよくあるので、まずは、このブログの様々な記事を読んでいただいて、納得できるか吟味してみられるのはいかがでしょうか。

なぜ母乳過多になるのかとか、母乳の生理学について知っていただくと、不安が減ると思います。

 

 

2019年 4月 12日

早速お返事いただきありがとうございます!
遅くなりまして申し訳ありません…
こちらにある記事を再度読ませていただきました。

母乳の分泌の仕組み、なぜ分泌過多になるのか、理解した上でこちらの方法を実践させていただきたいと思いました。


あらためて授乳の姿勢を確認したら子どもの首が捻れていたので、ポジショニングを意識して縦抱きでの授乳にしたところゲップを出してくれる数が増えました。

今後、時間を〇時間とあけずに子ども主流の授乳をしていこうと思います。

 

母乳過多の原因や対処法についての記事一覧は、母乳過多から見ることができます。

他の方の体験談は、経験談(母乳過多)から見ることができます。コメントする前に、似たような経験談が載っていないか探してみてくださいね。

 

理系育児_母乳育児編

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る