●入院時の対処法は?鼻づまり中の授乳方法は?病気中の母乳育児のまとめ

赤ちゃんが病気になると、いつもより授乳回数が増えるかもしれません。

鼻づまり・体力がないことなどが原因で、授乳時間が短くなってしまい、十分な量が飲めなくなる危険性もあります。

病気中の母乳育児についてのWHOのガイドラインのまとめです。

 

授乳の様子の変化と対処法

 

赤ちゃんの鼻づまり対処法・病気の赤ちゃんへの授乳方法

 

手術中など、搾乳も飲めない赤ちゃんのために、お母さんがしてあげられることとは?

経口・経腸栄養が摂れない赤ちゃん 

 

 

 

赤ちゃんが入院中でも、いつでも授乳できるような配慮があると理想的です。

また、月齢6カ月未満か、6カ月以降かで、栄養補給をするときに注意することが異なります。

病気中の母乳・離乳食のあげ方

 

 

赤ちゃんやお母さんが病気になったり入院したりしたことをきっかけに、母乳の分泌が減少する場合もあります。

入院などによる母子分離の対処法

母乳の生産量が減ったときの対処法

 

他にも母乳育児で困ったこと・心配なことを解決できるWHOのガイドラインが満載!

乳房トラブル・母乳育児の悩み対処法のまとめに戻る

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る