母乳育児を続ける方法|経口・経腸栄養が摂れない赤ちゃん

赤ちゃんが手術する場合など、母乳を飲むことができないことがあります。

その場合、お母さんは何ができるかのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.17 子どもの病気・黄疸・奇形

 

どんな経口・経腸栄養も取れない赤ちゃん

お母さんには、分泌維持のために、搾乳を続けるように奨励しましょう。

搾乳は後で赤ちゃんに飲ませるために、冷凍保存しておけます。

 

搾乳は安全に保存しておけば、経腸栄養が可能になり次第、すぐに赤ちゃんに与えることができます。

病院に母乳バンクの設備があれば、搾乳は他の子どものために使うこともできるかもしれません。

 

赤ちゃんが回復すれば、直母を再開できます。

 

 

赤ちゃんが母乳を飲めない間にも搾乳することで、

・母乳の分泌を維持できる

・乳房トラブルを防ぐことができる

・母乳の生産システムを立ち上げることができる

などの効果が期待できます。

 

母乳は赤ちゃんの負担にならずに、必要な栄養を摂ることができ、赤ちゃんを守ってくれる成分も入っています。

赤ちゃんの回復期に、とても重要な働きをするでしょう。

誰も教えてくれなかった、おっぱいと母乳の基礎知識

 

母乳育児は知識は深く、試練は小さく

効果的な搾乳のタイミングを理解するには、母乳の生理学が役に立ちます。

搾乳を楽にたくさんするコツや、保存方法などの基礎知識は搾乳をどうぞ。

 

2017/4/3更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る