●乳房の痛みの対処法|原因が分からない場合のヒント集

母乳育児中におっぱいが痛くなった場合、その症状から原因を推測することができます。

両方の乳房に症状があるかどうか、授乳していない間も痛みがずっと続くかどうかが、ポイントになるようです。

以下は、WHOのガイドラインによる乳房トラブルの原因と対処法です。

 

片方の乳房だけに痛みやしこりがある場合

 

  • 触らなくても激しく痛い
    患部の皮膚が赤くなっている・発熱もある→乳腺炎
    上記の症状が長引いてさらに悪化した状態である・皮膚が変色している→乳房の化膿

 

 

両方の乳房に痛みやしこりがある場合

  • 授乳後は、乳房がやわらかくなる・楽になる→乳房の膨満
  • 授乳しても症状は改善しない・産後数日で発症した→乳房の怒張

  • 授乳前や授乳中にチクチク・ツーンとするような痛みを感じる場合→オキシトシン反射

 

 

③授乳中や、服などに触れたときだけ乳首が痛い場合乳頭の亀裂や痛み

 

④何もしなくても常に乳首が痛い場合カンジダ感染(鵞口瘡)

 

 

他にも【乳房トラブル・母乳育児の悩み対処法のまとめ】には、仕事復帰・よく泣く赤ちゃん・母乳不足感など、母乳育児の悩みを解決できるWHOのガイドラインが集約されています。

 2014/8/3更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る