●母乳不足の原因を調べる方法|理由が分からない場合のヒント集

母乳不足だなと感じる場合、または誰かにそう言われた場合、まずは本当に「哺乳不足」なのかをStep1でチェックします。

 

その結果、「哺乳不足」だと考えられる場合は、Step2で当てはまる状況や症状から、原因と対処法を調べることができます。

これらは全て、WHOのガイドラインに基づいた判断方法と、対処法です。

 

Step1 本当に母乳が足りていないのかのチェック方法

 

 

Step2 上記に問題がある(哺乳量が少ない)場合

①乳頭に痛みや裂傷がある場合

 

 上記にあてはまらない場合(これが原因のことがほとんど)→上手くおっぱいに吸着できていない

 

 

②乳頭に痛みや裂傷はない場合

 

 

③お母さんに関係する場合

 

 

④乳房への吸着や哺乳量など、授乳の技術には問題がない場合

 

ポジショニングは母乳育児を楽にする必須のスキル!

哺乳不足・しこり・詰まり・乳腺炎などのトラブルを根本解決するためには、授乳スキルが重要です。タグ#ポジショニングからチェックしておきましょう。

正しい授乳のタイミングなどについては【母乳育児が軌道に乗るやり方・疑問・悩み】が役に立ちます。

 

 

2017/4/6更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る