低出生体重児に必要な1日の母乳量

在胎週数36週未満の早産、かつ低出生体重で産まれた赤ちゃんのための、体重1 kg当たりに1日に必要な母乳量の推奨量です。

生後1週間に、毎日どのくらい増やしていくべきなのかについてのWHOのガイドラインです。

在胎週数36週以上の低出生体重で産まれた赤ちゃんは、この表の数字は気にせずに、直母で好きなだけ哺乳させていいそうです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

6章 例外的に困難な環境の乳児の適切な栄養法

6.1.2 飲ませ方

 

7 低出生体重児の栄養摂取の推奨量(1日トータル)

   

必要量(ml/kg/日)

 

生後

2000-2500 g

1500-2000 g

1000-1500 g

1日目

60

60

60

2日目

80

75

70

3日目

100

90

80

4日目

120

115

90

5日目

140

130

110

6日目

150

145

130

7日目

160+

160

150※

※赤ちゃんが静脈への輸液も受けている場合は、140 ml/kg/日より増やしてはいけません

 

表の必要量は、以下のことに基づいて計算しています。

  • 初日は体重1 kgにつき1日トータル60 mlです。
  • そこから生後7日を過ぎるまでは、体重1 kgにつき、毎日10 ml~20 mlずつ増やしていきます。
  • 最終的に、体重1 kgにつき1日トータル160 mlになるまで増やします。

 

出生体重が2500 g以上の場合は、最初はもっと母乳量は少なくてもいいので、この表は参考にできません。

 

搾乳は、産後できるだけ早く開始し、1日8回以上行っていれば、赤ちゃんの成長と共に、搾乳できる量も増えていくそうです。

搾乳をより楽に、たくさんするためのコツや基礎知識は、タグ#搾乳をどうぞ。

 

 

 2017/4/6更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る