低出生体重の赤ちゃんにコップで飲ませる方法(図解)

WHOは哺乳瓶ではなくコップで乳汁を飲ませることを推奨しています。

低出生体重で産まれた赤ちゃんも、コップで飲むことができます。

 

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

6章 例外的に困難な環境の乳児の適切な栄養法

6.1.2 飲ませ方

 

カップフィーディング

コップで飲ませる場合(図17)は、こぼれる分を考慮して、毎回の搾乳量を5 ml余分に増やす必要があります。

24時間で飲んだ量を記録し、赤ちゃんの体重当たりに必要なトータル量が飲めていることを確実にすることが重要です。

 

Figure 17

 

なぜ哺乳瓶ではなくコップが推奨されているかというと、哺乳瓶は、直母と飲み方のメカニズムが違うので、哺乳瓶に慣れると直母できなくなる(= 乳頭混乱)があるからです。

赤ちゃんの入院などが理由で直母できる機会も少ない場合、さらに哺乳瓶を使ってしまうと、母乳育児が難しくなる原因となってしまいます。

 

コップで飲ませる方法の、具体的なやり方はこちらから読めます。

カップフィーディングのやり方(図解)

 

 

搾乳をより楽に、たくさんするコツは、タグ#搾乳をどうぞ。

2017/4/6更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る