直母ができない場合の奥の手|赤ちゃんの口に直接搾乳する方法

  • 赤ちゃんがまだ上手に直母できない場合
  • 早産の赤ちゃんで哺乳に必要な原始反射がまだ弱く、促してあげる必要がある場合
  • 赤ちゃんが授乳拒否になった場合

などに役立つ、母乳の飲ませ方のガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

6章 例外的に困難な環境の乳児の適切な栄養法

6.1.2 飲ませ方

囲み記事No.15 赤ちゃんの口に直接搾乳する方法

 

お母さんにしてもらうこと

  1. 手を洗います
  2. 肌と肌を密着させて赤ちゃんを抱き、授乳する体勢になって赤ちゃんの口を乳首に近づけます
  3. 母乳が数滴乳首ににじむように搾乳します
  4. 赤ちゃんがそれに気づいて、口を大きく開けるまで待ちます
  5. 赤ちゃんが眠りかけていたら、刺激して起こします
  6. 赤ちゃんに母乳の匂いをかがせたり乳首をなめさせたりして、哺乳にチャレンジさせます
  7. 口が開いたら赤ちゃんの口の中にいくらか搾乳します
  8. 赤ちゃんが飲みこむまで待ってから、再び搾乳するのを繰り返します
  9. 赤ちゃんは満足すると、口を閉じてそれ以上飲もうとしないでしょう
  10. お母さんに以上を繰り返してもらいます。
    その頻度は、とても小さな赤ちゃんは1~2時間おきに、少し大きな赤ちゃんなら2~3時間おきに行います。

 

項目10に書かれている「とても小さな赤ちゃん」とは、低出生体重児のことだと思われます。
母乳育児が確立する前の、新生児も当てはまるかもしれません。

「少し大きな赤ちゃん」とは、体重が2500 g以上の赤ちゃんのことだと思われます。

※どちらにしても、体重の経過観察を行って、増え方が遅いようならば、授乳回数を増やす必要があると考えられます。

 

手で搾乳するための、正しいやり方と搾乳量アップのコツはタグ#搾乳をどうぞ。

2017/4/6更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る