電解質と母乳育児|授乳OKな薬・NGな薬|WHO

WHOが発表している、「授乳中に飲める薬と飲めない薬」の一覧表のうち、体の電解質やpHのバランスの調整などに使われる薬が、授乳にどのような影響を与えるかのリストです。

 

WHO必須医薬品リスト第11版「母乳育児と母親の薬物療法」

26. 水分・電解質・酸-塩基障害を補正する溶液

26.1 内服用

 

●経口補水塩(グルコース電解質溶液用)

授乳と両立できます。

 

●塩化カリウム

授乳と両立できます。

 


26.2 非経口用

●グルコース

授乳と両立できます。

 

●グルコース+塩化ナトリウム

授乳と両立できます。

 

●塩化カリウム

授乳と両立できます。

 

●塩化ナトリウム/ 食塩

授乳と両立できます。

 

●炭酸水素ナトリウム/ 重曹

授乳と両立できます。

 

●乳酸ナトリウムを含む溶液

授乳と両立できます。

 


26.3 その他

●注射用水

授乳と両立できます。

 

安全性の分類方法を詳しく知りたい→※一覧表の使い方

目次に戻る→※「母乳育児と母親の薬物療法」WHO必須医薬品リスト第11版|目次

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る