ビタミン剤と母乳育児|授乳OKな薬・NGな薬|WHO

WHOが発表している、「授乳中に飲める薬と飲めない薬」の一覧表のうち、ビタミン剤やミネラル剤が、授乳にどのような影響を与えるかのリストです。

 

WHO必須医薬品リスト第11版「母乳育児と母親の薬物療法」

27. ビタミン・ミネラル

 

●アスコルビン酸/ ビタミンC

通常の服用量の場合は、授乳と両立できます。

大量に服用する場合は、赤ちゃんに副作用が出ないか観察しましょう(溶血・黄疸)。特に、早産児の場合は注意が必要です。

 

●エルゴカルシフェロール/ ビタミンD2

栄養サプリメントとして使用される容量の場合は、授乳と両立できます。

薬理学的に利用する容量が必要な場合は、赤ちゃんのカルシウムレベルをモニタリングしましょう。

 

●ヨウ素/ ヨード

栄養サプリメントや、ヨウ素欠乏症(※)のお母さんの標準的な治療のために用いる容量の場合は、授乳と両立できます。

赤ちゃんに副作用が出ないか観察しましょう(甲状腺機能低下症)。

 

●ニコチンアミド(ビタミンB群の一種)

授乳と両立できます。

 

●ピリドキシン(ビタミンB6の一種)

授乳と両立できます。

 

●レチノール/ ビタミンA1

授乳と両立できます。

 

●リボフラビン/ ビタミンB2

授乳と両立できます。

 

●フッ化ナトリウム

栄養サプリメントとして使用される容量の場合は、授乳と両立できます。

長期間、過剰に服用する場合は、斑状歯が生じる可能性があります。

 

●チアミン/ ビタミンB1

授乳と両立できます。

 

相補薬

●グルコン酸カルシウム (C)

授乳と両立できます。

 

相補薬・安全性の分類方法を詳しく知りたい→※一覧表の使い方

目次に戻る→※「母乳育児と母親の薬物療法」WHO必須医薬品リスト第11版|目次

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る