乳腺炎の初期症状の見分け方と対処法|WHO

予防

乳腺炎になりそうなサインとはどんなものでしょうか。

乳腺炎に発展しないように、または乳腺炎の初期症状を改善するために、どんなことをすると効果があるのでしょうか。

 

乳腺炎;原因と対処法, World Health Organization

8.3 乳房の張りと怒張の効果的な管理方法

産後1週間のうちに、母乳が‘comes in(本格始動)’の状態になり、女性の乳房がパンパンになったり怒張したりした場合は、確実に母乳を除去し、症状が改善できるようにする必要があります。

 

・おっぱいへの吸着の仕方を介助する必要があります(母乳が上手く除去できるように、乳頭を傷つけないようにするため)

 

・赤ちゃんが欲しがるたびに、欲しがるだけ授乳することを奨励しましょう

 

・哺乳しても、膨満や怒張を効果的に解消できていない場合や、乳頭が平べったく伸びて効果的な吸着ができていない場合は、搾乳して母乳を除去する必要があります。乳房の過度な張りを減らすことで、赤ちゃんが効果的に吸着できるように搾乳します。

 

・搾乳は、手や搾乳器を使ってすることができます(178)。乳房の痛みが強く、通常の方法では不可能な場合は、ホットボトル法(ANNEX2参照)などもあります。

 

・1日か2日経てば、症状は落ち着き、母乳の需要と供給はつり合ってきます。

 

8.4 母乳のうっ帯を示すあらゆるサインに、すぐ気づくこと

女性は、自分の乳房のケア方法と、乳汁のうっ滞あるいは乳腺炎の初期症状について、知る必要があります。

知っておくことで、家庭で対処したり、問題が解消しない場合に素早く助けを求めることができます。

自分の乳房にしこりがないか、痛みはないか、熱を持っていたり赤くなっていたりしないかチェックしましょう。

 

・あらゆるリスク要因(例えば、授乳を飛ばしたなど)がある場合

・発熱や体調不良(例えば、頭痛など)がある場合

 

これらの徴候がある場合にすること

・休息をとる。可能ならベッドで横になる

・症状のある乳房から、頻繁に授乳する

・温かい湿布、お風呂、シャワーなどで患部を温める

・赤ちゃんが、患部から母乳を飲みとる手助けができるまで、しこり部分を「ごく優しく」マッサージする

・次の日になっても改善しなければ、ヘルスワーカーに助けを求める

 

これらの処置により、多くの場合は母乳のうっ滞や初期の乳腺炎のうちに対処でき、重症化するのを防ぐことができます。 

 

出産直後は、母乳のうっ滞が起こりやすいので、母乳育児の管理方法が重要なんですね。

 

母乳育児は知識は深く、試練は小さく

母乳育児は、知識が深いほど、試練は小さくなります。

効果的な哺乳に必要な情報→ポジショニング

 

「搾乳で母乳のうっ滞を解消できる」と言っても、搾乳を捨てていると生産量が過剰になって、乳腺炎のリスクが上がってしまいます。

搾乳はコップで飲ませることもできます→カップフィーディング

 

乳腺炎のリスク要因とは、「油っこいものを食べた」などではなく、こんなことです→リスク要因

授乳中の乳首の痛みや乳房の痛みなどについては、授乳の痛みもどうぞ。

 

 

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る