赤ちゃんの健康を守るために政府がするべきこと

現在広く行われているやり方や法律のもとでは、企業や産科施設が利益を出そうとすればするほど、子どもたちや妊産婦にしわ寄せがいくようになっているようです。

そうならないために、政府行うべきことについてのWHOのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

9章 政策・医療制度・地域活動

9.1 国の政策と法律制定の強化

政府の主な義務は、乳幼児の栄養法に関する包括的な国の政策をまとめ、実施し、経過を監視し、評価することです(22参照)

これは、施策のよりよい使い方ができるようにすることと、その試みを調整することを確実にできるようにするためです。

 

最適な乳幼児の栄養法を促進し、保護し、支援するために国際的に認識されている政策の手段としては、以下のようなものがあります。

  • 国連子どもの権利条約(CRC)
  • “代替栄養の販売に関する国際規約”と、その後、世界保健会議(WHA)で合意された決議案
  • 国際労働機関(ILO)“妊産婦保護協定2000(No.183)

 

詳しくは次から記事にしていきます。

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る