授乳や離乳食に問題があった場合、その後どうしていますか?|6-23カ月

地域の医療スタッフ、あるいはその他の母乳相談などで授乳や離乳食の相談を受けた場合、その後、どのように経過観察するべきかについてのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

5章 乳幼児の栄養法の継続的支援

5.6 フォローアップ

栄養法に問題があってもなくても、全ての子どもたちのフォローアップとケアを継続することは重要なことです。

継続することで、良いやり方をサポートし、困難が生じた時はそれを回避したり管理したりすることができるからです。

フォローアップは近くの保健所や自宅への往診で行うといいでしょう。

 

<月齢6-23カ月の子ども>

月齢6カ月以降の乳幼児に栄養法の問題があった場合、5-7日後にフォローアップしましょう。

 

<この場合に行う再評価とは>

  • 母乳育児と補完食両方の経過についての通常の問診
  • 前回話し合って決めたやり方を、お母さんが試してどうだったかについての問診
  • 子どもの体重を量って成長を経過観察すること
  • 子どもの体調についての通常の評価

 

<継続的な管理について>

  • 前回の問診後も赤ちゃんの体重が増えていない場合や栄養法の問題が持続している場合は、新しいやり方を提案して再び1-2週間後にフォローアップをしましょう。

  • まだ往診によるフォローアップを行っていない場合は、可能なら行いましょう。
  • 2カ月経っても体重が増えていない場合は、受診を視野に入れましょう。

  • 乳幼児の体重が増えて栄養法の問題も解決していた場合は、その後は問題のない子どもたちと同じ頻度でフォローアップを続けましょう。
  • 体重を落としすぎるのは望ましくないので、過体重の子どもも急に体重低下しないようにしましょう。
    過体重の子どもは、体重を落とそうとするのではなく、身長が伸びていく間も体重をキープすることで修正するべきです。
    すなわち、「自分の体重で成長する」べきです。

 

6カ月未満の赤ちゃんの場合はこちら

授乳に問題があった場合、その後どうしていますか?|6カ月未満

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る