●母乳過多・過飲症候群・乳糖不耐症まとめ|原因と対処法

母乳が出過ぎてトラブルばかり、母乳を減らしたい、赤ちゃんが飲み過ぎているようで心配、乳糖不耐症(乳糖過負荷)になっていないか心配、など、

母乳の生産量がオーバーしていることが原因で起こる、様々なトラブルの原因と対処法のまとめです。

 

●乳糖不耐症かもしれない?でも乳糖無しの粉ミルクにするのはちょっと待って!

乳糖不耐症?過飲症候群?たそがれ泣き?|見分け方

 

●赤ちゃんのウンチから、授乳の問題のサインが分かることも。

赤ちゃんの正常なウンチの量と回数

 

●お母さんはこんな経験ない?赤ちゃんにこんな様子はない?

母乳育児をやめたくなるほど、母乳が出過ぎて辛い|過分泌のサイン

 

●母乳が出過ぎるのはどうして?

母乳過多や過飲症候群はなぜ起こるのか?

 

●母乳の生産量をコントロールするためには、授乳方法が根本解決になるかも。

基本(必須)→※母乳過多を防ぐ授乳方法|根本解決のヒント

応用(基本編でもダメなら)→※母乳過多の改善方法|時間割授乳法

最終手段(応用編でもダメなら)→※重症の母乳過多の改善方法|ポンピング&時間割授乳法

 

左右差が大きい場合→※母乳の生産量の左右差を減らす授乳の仕方

 

●赤ちゃんがむせる・上手に飲めない場合はどうしたらいい?

母乳過多・過分泌のおっぱいをあげるコツ

母乳が出過ぎて辛い場合の搾乳のポイント

 

●母乳過多や過飲症に悩んでいたお母さん達が、どんな症状をどうやって改善できたのかの実例。

母乳過多・過分泌を改善できた例

その他、ブログの読者のみなさんから寄せられた疑問や体験談などは、経験談(母乳過多)から見ることができます。

 

●改善後の授乳の仕方は?

母乳過多が落ち着いた後に注意すること

 

●WHOが出しているガイドラインはこちら

搾乳していいの?過分泌の原因と対処法

2017/3/7更新

関連記事

コメント

    • ぷらむ
    • 2016年 5月 08日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    1時間おきの頻繁な授乳・急に大声で泣く・吐乳(1ヶ月)

    ●キーワード
    1時間おきの頻繁な授乳
    急に大声で泣く
    根本解決法でウンチの水っぽさやゲップが減った
    吐乳するようになった
    授乳のタイミングが分からない

    • みりん
    • 2016年 8月 17日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    両乳を授乳すると便が緑になる(0ヶ月)

    ●キーワード
    片方のおっぱいでは足りない気がする
    両方のおっぱいをあげるとウンチが緑になった
    ウンチに血が混じることもある

    • とおん
    • 2016年 12月 20日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    おしりのただれ・水っぽい便・体重が増えなくなった(2ヶ月)

    ●キーワード
    受診しても治らないおしりのかぶれ
    赤ちゃんの体重は1ヶ月で1.4 kg増え、その後増えなくなった
    1日1回大量のウンチ
    飲みながら泣く・えづく・乳首を噛む
    漏乳はほとんどない
    胸はほとんど張らないのに赤ちゃんには過飲症候群の症状がある
    母乳不足感

    • 2boysmom
    • 2016年 12月 23日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    たくさん飲んでいるのに母乳不足感がつきまとう(0ヶ月)

    ●キーワード
    1日中口をパクパクして泣き叫ぶ
    頻繁なウンチ
    飲み終わった直後に泣く・苦しそう
    急性胃腸炎後に母乳が出なくなった感じがする

    • jin
    • 2017年 4月 08日

    初めまして。現在1ヶ月の赤ちゃんを完母で育てています。母乳の出方の左右差が気になり、右の方が多く出て、飲ませているときもむせたりすることが多いです。
    あと母乳マッサージで体重が40グラムペースで増えていることから、授乳間隔を空けること、左7分右5分で飲ませるようにアドバイスをされました。
    そうすると授乳後不機嫌な時間も多く、叫ぶように泣いている姿を見るのがかわいそうです。
    母乳の出方の左右差が大きくかつ母乳過多の場合の対処がわからず悩んでいます。なにかアドバイスありますでしょうか。

    • 2017年 5月 22日

    すみれさんこんにちは。
    現在生後18日です。妊娠前は高プロラクチン血症で出産直後から母乳がよく出ます。退院後片方10分ずつの授乳時間がどんどん短くなり、赤ちゃんも常に苦しそう、マーライオンのような吐き戻し、大音量での便に悩んでこちらにたどり着きました。本も購入させていただきました。
    今は時間割方法を4時間で試していて、少しご機嫌な時間が増えました。ただ、まだもがいたり、気張ったり、マーライオンほどでは無いですが結構な量の吐き戻し、毎回しゃっくり、大量の便をすることがあり苦しいのかなと切なくなります。また、1時間ごと位に泣きおっぱいを出すと飲みますが、上記のことがあるのにまた飲んで苦しくないのかな、また飲ませすぎなのかなと不安です。
    そして家庭の事情で近々赤ちゃんと丸一日離れる日があります。(今後離れる日が増える予定です)
    出来れば搾乳したものを家族に飲ませてもらいたいのですが、母乳過多の場合搾乳するとまた母乳過多になってしまいそうですし、先絞りも後絞りも過多に拍車をかけると思うとどのタイミングでどれくらい搾乳すれば良いのか分かりません。過多のうちは搾乳せずミルクを与えてもらう方が良いのでしょうか。

    • こんにちは。母乳の生産量が多いことと、赤ちゃんと離れる時の栄養法について迷っていらっしゃるんですね。
      まず、母乳量についてですが、コメントを拝見する限り、まだ多いんだろうな、と感じます。今は飲みすぎてしまうかもしれませんが、この調子で減っていけば、数日中に赤ちゃんの様子は落ち着くかもしれません。

      次に、母乳過多のまま、今度赤ちゃんと離れる間に必要となる母乳を搾乳してしまうと、ますます生産量が増えてしまうんじゃない?と心配されているということですよね。
      制限なく搾乳すると母乳過多の原因になるかもしれませんが、「ちょっとずつ」「ある時期だけ」であれば、赤ちゃんも毎日多少は哺乳量が変化するので、誤差範囲だと思います。
      初回に必要となる搾乳は、数日に分けて用意するといいかもしれません。
      1日あたり100 mL程度であれば、まず生産システムに影響はないだろうと考えられるので、授乳の前後のタイミングで、たとえば右から100 mL搾乳してから右乳を授乳する、などいかがでしょうか。

      2回目以降に必要となる分の搾乳は、今度赤ちゃんと離れている時に搾乳できれば、乳房トラブルも予防できて良いんじゃないかなと思います。
      書籍も購入してくださりありがとうございます。このまま母乳過多が落ち着くことを祈っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る