●母乳過多・過飲症候群・乳糖不耐症まとめ|原因と対処法

母乳が出過ぎてトラブルばかり、母乳を減らしたい、赤ちゃんが飲み過ぎているようで心配、乳糖不耐症(乳糖過負荷)になっていないか心配、など、

母乳の生産量がオーバーしていることが原因で起こる、様々なトラブルの原因と対処法のまとめです。

 

●乳糖不耐症かもしれない?でも乳糖無しの粉ミルクにするのはちょっと待って!

乳糖不耐症?過飲症候群?たそがれ泣き?|見分け方

 

●赤ちゃんのウンチから、授乳の問題のサインが分かることも。

赤ちゃんの正常なウンチの量と回数

 

●お母さんはこんな経験ない?赤ちゃんにこんな様子はない?

母乳育児をやめたくなるほど、母乳が出過ぎて辛い|過分泌のサイン

 

●母乳が出過ぎるのはどうして?

母乳過多や過飲症候群はなぜ起こるのか?

 

●母乳の生産量をコントロールするためには、授乳方法が根本解決になるかも。

基本(必須)→※母乳過多を防ぐ授乳方法|根本解決のヒント

応用(基本編でもダメなら)→※母乳過多の改善方法|時間割授乳法

最終手段(応用編でもダメなら)→※重症の母乳過多の改善方法|ポンピング&時間割授乳法

 

左右差が大きい場合→※母乳の生産量の左右差を減らす授乳の仕方

 

●赤ちゃんがむせる・上手に飲めない場合はどうしたらいい?

母乳過多・過分泌のおっぱいをあげるコツ

母乳が出過ぎて辛い場合の搾乳のポイント

 

●母乳過多や過飲症に悩んでいたお母さん達が、どんな症状をどうやって改善できたのかの実例。

母乳過多・過分泌を改善できた例

その他、ブログの読者のみなさんから寄せられた疑問や体験談などは、経験談(母乳過多)から見ることができます。

 

●改善後の授乳の仕方は?

母乳過多が落ち着いた後に注意すること

 

●WHOが出しているガイドラインはこちら

搾乳していいの?過分泌の原因と対処法

2017/3/7更新

 

理系育児_母乳育児編

 

関連記事

コメント

    • ぷらむ
    • 2016年 5月 08日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    1時間おきの頻繁な授乳・急に大声で泣く・吐乳(1ヶ月)

    ●キーワード
    1時間おきの頻繁な授乳
    急に大声で泣く
    根本解決法でウンチの水っぽさやゲップが減った
    吐乳するようになった
    授乳のタイミングが分からない

    • みりん
    • 2016年 8月 17日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    両乳を授乳すると便が緑になる(0ヶ月)

    ●キーワード
    片方のおっぱいでは足りない気がする
    両方のおっぱいをあげるとウンチが緑になった
    ウンチに血が混じることもある

    • とおん
    • 2016年 12月 20日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    おしりのただれ・水っぽい便・体重が増えなくなった(2ヶ月)

    ●キーワード
    受診しても治らないおしりのかぶれ
    赤ちゃんの体重は1ヶ月で1.4 kg増え、その後増えなくなった
    1日1回大量のウンチ
    飲みながら泣く・えづく・乳首を噛む
    漏乳はほとんどない
    胸はほとんど張らないのに赤ちゃんには過飲症候群の症状がある
    母乳不足感

    • 2boysmom
    • 2016年 12月 23日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    たくさん飲んでいるのに母乳不足感がつきまとう(0ヶ月)

    ●キーワード
    1日中口をパクパクして泣き叫ぶ
    頻繁なウンチ
    飲み終わった直後に泣く・苦しそう
    急性胃腸炎後に母乳が出なくなった感じがする

    • jin
    • 2017年 4月 08日

    初めまして。現在1ヶ月の赤ちゃんを完母で育てています。母乳の出方の左右差が気になり、右の方が多く出て、飲ませているときもむせたりすることが多いです。
    あと母乳マッサージで体重が40グラムペースで増えていることから、授乳間隔を空けること、左7分右5分で飲ませるようにアドバイスをされました。
    そうすると授乳後不機嫌な時間も多く、叫ぶように泣いている姿を見るのがかわいそうです。
    母乳の出方の左右差が大きくかつ母乳過多の場合の対処がわからず悩んでいます。なにかアドバイスありますでしょうか。

    • 2017年 5月 22日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    高プロラクチン血症で産後から母乳がよく出る(生後18日)

    ●キーワード
    マーライオンのような吐乳
    大音量の便
    赤ちゃんと離れるときの搾乳

    • ご自分で、母乳の出方や胸の張り方が改善されているサインを感じていらっしゃるんですね。おそらくやり方が上手くいっているんだと推察されます。
      また、授乳頻度が上がったので母乳が足りない不安を感じていらっしゃるようですが、おならが多いとのことで、やはり、足りないより、多すぎる可能性の方が高いです。
      母乳が足りない判断はおしっこと体重推移でしかできないので、それ以外は、哺乳量の他に理由があると考えるといいかもしれません。
      母乳過多が落ち着いた後の注意点も参考にどうぞ。

    • ゆきじろう
    • 2017年 6月 02日

    コメント内容は以下に移動させていただきました↓
    低出生体重で生まれてハイペースで体重が増えた(1ヶ月)

    ●キーワード
    60g/日で体重増加
    心臓や脳への負担が心配になるほど、顔を真っ赤にしてうなる
    生産量に左右差がある
    バレーボールのように張る

    • はる
    • 2017年 6月 03日

    コメント内容は以下に移動させていただきました
    授乳時間を短くしたら、赤ちゃんの不機嫌度が増した(1ヶ月)

    キーワード
    左右5分づつ1日に8-9回ほどの授乳をしていて母乳過多になったので、授乳時間を4分にしたら症状が悪化した
    時間割授乳を続けると、赤ちゃんのゲップ・うんちの量・不機嫌さが減った

      • はる
      • 2017年 6月 06日

      返信ありがとうございます!
      あれから時間割授乳を続けたところ、うんちの水っぽさが減り、白いつぶが増えました!うんちの量も、前より減って、まさに小さじ2杯分ほどのうんちが多くなりました!
      ゲップと授乳時間の件、ありがとうございます!ゲップはほとんど出ないのですが、最近おならをすごくするようになりました。まだ母乳の生産量が多いのかもしれませんが、前よりも、赤ちゃんの様子が落ち着いてきたので、これからも続けていきたいと思います。
      今、合間をぬって本も読んでいるのですが、本当に出産前に出会いたい本でした。入院中に実施できなかったことが多くて後悔ですが、今からでも少しずつ改善していけたらと思います!
      本当にありがとうございました。

      • ウンチの量がそこまで減ったとは、効果を感じますね!
        オナラは、空気を飲んだかどうかと、臨床的に関係なかったという説もあるので、もう少し消化機能が回復するまで様子を見てもいいかもしれませんね。
        書籍は、文章量が多くて読むのも大変だと思いますが、おっしゃるように、今からでも役に立つ情報もたくさんあると思うので、少しでも快適な育児へのお役に立てますと幸いです!

    • ゆきじろう
    • 2017年 6月 04日

    こんにちは。

    何度も申し訳ございません。
    あれからチャレンジしてみているのですが、多乳の左側の張りがひどく挫折しそうになっています。このやり方で合ってますでしょうか?

    左>右で分泌過多のため、右から吸わせる時間割法でやってみました。
    ※まだ丸一日経っていないので効果が出ないのは承知しております。
     ()内は授乳前後での体重増加量です。

    17:30 右10分(40g)
    20:15 右14分(100g)
    22:00 右10分(30g)※ここで右はかなりふにゃふにゃに
    23:00 ①このあたりで左側が岩のようにカチカチに
    1:00 左6分
    5:00 左3分 ※まだまだカチカチのまま
    8:30 右10分(70g)②

    ①右がふにゃふにゃになるまで左を放置していると、左の張りがものすごいことになりました。
    どんどん溢れ出てきて母乳パッドが2~3分でびしょびしょ→3~4枚交換までにになったため
    圧抜きで母乳パッドに少ししぼりました。
    (赤ちゃんはおっぱいをほしがる様子がなかったので圧抜きのみ)

    →この場合は、「左右差を減らす・・・」にあるように、50ml以下の搾乳をして
    それを次の授乳の際に飲ませるやり方をすべきだったのでしょうか?

    ②1:00の授乳から左のみ吸わせるようチェンジしたのですが
    張りが強すぎて吸いにくいのか授乳時間が短く、
    胸の張りも1:00・5:00の授乳後も左の固さはほとんど変わらず
    ふにゃふにゃまではほど遠い感じでした。
    しかし8:30にほしがった時には時間割的には右にチェンジした方が
    いいのかと思い、左がカチカチのまま右を吸わせるようにチェンジしました。

    →この場合は、左がふにゃふにゃになるまで8:30以降の授乳も左を
    吸わせなければならなかったのでしょうか?
    「時間割授乳法」にあるように区切る時間を最長12時間までのばす・・・という
    ことにあてはまるのでしょうか?

    おそらく左の多乳がかなりの分泌過多で左右差が大きすぎるのかなと思うのですが。
    左の張りが辛くて乳腺炎になりはしないかというのと、
    左がふにゃふにゃになるまで前乳を与え続けることになってもいいのかと不安です。
    ココは我慢のしどころなのでしょうか・・・
    このやり方で合っているのか教えていただけると助かります。
    よろしくお願いいたします。

    • 左の張りが強く、不安を感じていらっしゃるんですね。コメントを拝見するに、左はとても生産量が多いですが、右も多いみたいですね。
      1日経って、変化はいかがでしょうか。

      今は基本のやり方をされているようですが、母乳過多の程度が重い場合は、ふにゃふにゃになるまで授乳することは難しいと思うので、時間割にされてみるのはいかがでしょうか。
      無理やり張らせたままにすると、おっしゃるように乳腺炎などになりやすいので、無理せず、搾乳のポイントを参考に、搾乳しつつ毎日減らしていけるといいかもしれません。
      搾乳などの細かい悩みは、読者の経験談に、同じような状況のやり取りもたくさんあるので、よければ見てみてくださいね。

        • ゆきじろう
        • 2017年 6月 06日

        返信ありがとうございます。
        アドバイスいただいた通り、基本→時間割でやってみました。
        やはり生産量が左右どちらも多いためふにゃふにゃにはならず
        どちらも授乳後張りが残った状態で時間割でしてみたのですが、
        ほんの少しですが生産量が落ち着いた気もします!
        やはりまだまだ分泌過多のようで、授乳中むせてはいるのですが…
        現在、左は5時間以上空くとカチカチになってしまう傾向にあるみたいですが、
        時間割法でなんとか落ち着いてくれることを期待してます。

        赤ちゃんの方の変化は依然オナラ頻発で苦しそう・口からたらっと吐き戻しがあり見ていて辛いのですが、
        分泌過多が落ち着けば余分な前乳を飲まず効率よく後乳まで飲めるようになり、
        症状が改善してくるのでしょうか?

        経験談参考になりました!
        また本も購入させていただき、母乳のメカニズムなどもとても参考になりました!
        授乳の姿勢や吸わせ方など自分ではできてるか不安なこともあり、
        明日病院で母乳相談を受ける予定です。
        sumireさんのブログに出会ってなければ、分泌過多が娘を苦しませていた原因かもしれないということに気づかないところでした・・・。
        搾乳のしすぎや間違った授乳法を続けていたかと思うと恐ろしいです。
        本当にありがとうございます。
        また改善しました報告させていただければと思います!

        • おっしゃる通り、母乳の生産量がちょうどよくなれば、赤ちゃんの様子も落ち着くと思います(オナラは、消化機能が回復するまで少し時間がかかるかも?しれません)。
          書籍も購入していただきありがとうございます。
          知識が増えると、より効果的にトラブルを根本解決しやすくなりますよね。
          少し改善のきざしが見られるとのことで、その調子で落ち着くことを祈っています。

    • 白猫
    • 2017年 9月 04日

    コメント内容は以下に移動させていただきました
    時間割法を試したいけど張りが辛くてできない(1ヶ月)

    キーワード
    授乳頻度が少ないので、時間割法を試そうとすると胸がカチカチになってしまう

      • 白猫
      • 2017年 9月 22日

      返信ありがとうございます。
      書籍に書いてあった時間割法を試したのですが、片方3時間ずつで行ったところもう片方は授乳間隔が6時間になるので母乳が溜まりって耐えきれず、シコリができてしまいました。
      おっぱい全体も常にチクチク痛んで岩のようになってしまうので、授乳前には圧抜きを軽くしてから子供に飲ませています。
      子供は授乳後満足した様子を見せることが増えたのですが、分泌量が落ち着かない限り時間割法を続けることは難しそうで困っています。
      冷やしたり、入浴を避けたり、炭水化物を減らして対応していますが全く分泌量が減る様子がなくて泣きそうです。

      • 時間割授乳をしようとすると、おっぱいが張って辛いんですね。
        この記事に、「母乳が出すぎて辛い場合の搾乳のポイント」という記事のリンクがあるので、よければご覧ください。

    • あかね
    • 2017年 9月 24日

    コメント内容は以下に移動させていただきました
    繰り返す乳口炎とストレスでウツになりそう(3ヶ月)

    キーワード
    桶谷式に週1~3回通ってた
    乳口炎悪化→詰まる→水泡になる→しこりできる→水泡が破れてしこり軽減、を3~4日サイクルで繰り返してた

      • あかね
      • 2017年 9月 26日

      アドバイスありがとうございます。
      昨日も夜起きれず、5時間以上あいてしまったのですが、それが良かったのか過分泌の左乳房の張りが落ち着いてきたようです。乳口炎ですが、その後のポジショニングが良かった(哺乳中の痛みがなかった)のと、授乳間隔が8時間近くあくので乳首をやすめることができ、やや小さくなりました。婦人科から抗鎮痛炎症皮膚潰瘍治療薬(外用)の処方があり、授乳後に塗布しています。1か月半続けていますが、効果があるのかどうなのか…。
      授乳の様子をみていると、15~20分ほどは真剣に飲んでいるようですが、それ以降は哺乳中に指しゃぶりをしようと口元に突っ込んだり、哺乳を休憩しながらどこかをジーとみつめたり、ウトウトしたり、遊び飲みのような状態で40~50分以上加えているようです。なので、20分以上かかるようなら、様子をみながら中断してみたいと思います。だんだんと授乳時間が落ち着いてくるといいのですが。
      あと、この時間割授乳を始めてから5日間で体重が40g減少しました。授乳回数が8~9回→6~7回に減っているのと、過分泌が落ち着いてきたからでしょうか?便も深緑色→ごげ茶色で水っぽさもいくらか和らいでいるように感じます。おならの音もやや小さくなったような。尿回数は夜間の排尿(21時から6時)がなくなりましたが、日中は濃すぎない色のものが出ています。これから桶谷のマッサージを受けてくるのでマッサージ後からは基本的な対処法で授乳をしてみて、過分泌の様子や体重変化をみていこうと思います。

      • 追加のコメントで気づいたのですが、乳口炎とおっしゃっている症状は、乳頭裂傷(乳首の傷。触れると痛いが、触れなければ痛くない)のことでしょうか?
        乳口炎なら、授乳間隔が空くと悪化する可能性が高いので、乳口炎ではなさそうですが…。
        もし、乳頭裂傷が慢性化しているとすると、大急ぎでポジショニングを改善する必要があるように思われます。

        もう一つ、時間割法のやり方ですが、もしかして「3時間おきに授乳する」というやり方をされていますか?
        「3時間おきに左右を交代し、その間は何回でも授乳してOK」ということはご理解いただけているでしょうか。授乳回数がとても少ないことが気になりました。
        もし、赤ちゃんのおしっこの回数が6回以下になっていれば、十分な母乳が飲めていないサインなので、意図的に授乳回数を増やす必要があるかもしれません。

        今も桶谷式に通われているんですね。もし、乳房マッサージで定期的に母乳を外に出しているのであれば、それも母乳過多を悪化させてしまうことはご理解いただけているでしょうか。

        桶谷式の情報とこちらの情報がいろいろ違って混乱するかもしれませんが、もし様々な記事を読んでも分からないことなどがあれば、コメントください。

          • あかね
          • 2017年 12月 04日

          ご無沙汰してすみません。
          その後の経過のご報告です。

          3~4時間間隔の時間割法を数日続け、桶谷式をやめた結果、過分泌は落ち着き、張らなくなりました。ただ、おっしゃる通り、乳口炎・白斑は悪化させてしまい、乳腺炎になってしまいました。時間割法をやめて、これまで通りの授乳法に戻しましたが、過分泌は再発することなく、1か月半程度で乳口炎・白斑は完治しました。桶谷で3時間間隔で授乳を続けていたためか、3時間以内に母乳を欲しがることがあまりなく、3~4時間おきになってしまいました。なので、体重減少にはしばらくミルクを追加して、こちらも1か月程度でミルクなしでも体重増加するようになり、完母に戻りました。

          荒治療でしたが、結果的には過分泌も乳口炎・白斑もどちらも治すことができました。おっぱいが張らないため、授乳の時間を気にしなくていいし、白斑におびえなくてもいい、朝までぐっすり眠れるようになり、食事制限もやめて、好きなパンをたくさん食べられるようになり、今は毎日ハッピーです。育児がとても楽しくなりました。

          私がやってみて感じたのは、授乳間隔があくと分泌量は確実に減るため、分泌過多には桶谷式マッサージは合わないこと、ポジショニングはうちの子の場合、あまり関係なかったかな?成長とともに吸引力が増し、どんな姿勢でもしっかり吸い取ってくれていますし、好きなだけ吸わせていると、40~50分は吸い続けてしまうため、今でも30分切り上げ授乳です。

          こちらのブログに出会えて本当によかったです。
          ありがとうございました。

          • 経過報告ありがとうございます。
            乳口炎、ポジショニング、母乳の分泌量、赤ちゃんの体重など、様々なポイントをご自分で判断しながら育児を続けるのは大変だったのではないかと思います。

            今は育児が楽しくなったとのこと、本当によかったですね。
            パン美味しいですよね。
            今後も授乳パターンは変化すると思いますが、その調子で自信を持って進めるよう応援しています。

    • よっち
    • 2018年 3月 07日

    はじめまして。もうすぐ3ヶ月の女児を育てています。
    最初は母乳の出が悪く、直母を嫌がった事もあり混合で育てていましたが、母乳マッサージに通いながら母乳量が増えてきました。現在は母乳のみにしていますが、体重の増えはミルクを足していた時ほどではありません。母乳マッサージに通っていた助産院や産院の2ヶ月検診では体重の増えを気にしてミルクを足すことを助言されたくらいです。いま考えると、後乳が飲めていないからかもしれません。

    2ヶ月くらいから便に変化があり、小児科に通い、乳糖不耐症の疑いでガランターゼを処方されております。先生からは、体重の増えが問題なければ、そのままの母乳育児で問題ないと言われています。

    乳糖不耐症について調べるうちに、このサイトにたどり着き、3日ほど前から時間割法を行っていますが、あまり母乳量と便に変化はないような気がしております。授乳間隔は2~3時間毎で6時間までは区切ってみました。ちなみに、授乳時はかなり欲しがりますが、授乳後は機嫌はそんなに悪くなくしばらくして眠ることも多いため、そのような間隔です。

    現在、1度ポンピングを行うかどうかを迷っています。排乳する事でその分また生産されてしまうのではないかと思うのですが、1度排乳することによりどのような変化が期待されるのでしょうか。また、手元には手動の搾乳機のみがありますが、排乳時のポイントがあればご教示ください。素早く、、といった感じでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    • お子さんの体重の増えがよくないと感じることと、乳糖不耐症と診断されていることで、ポンピングを行うか迷っていらっしゃるんですね。

      乳糖不耐症が長引いている場合、消化器官にダメージがあると、一度ポンピングをやっただけですぐ効果が出るかは、やってみないと分かりません。
      母乳過多が改善しない場合、読者の経験談がお役に立てるかもしれません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る