授乳時間を短くしたら、赤ちゃんの不機嫌度が増した(1ヶ月)

経験談(母乳過多)

現在、母乳過多について寄せられる質問が多くなり、似たような質問をいただくこともあるため、同じような悩みの経験談がないか情報を探しやすくするために、コメント欄を整理させていただいています。

※コメントへの返信内容はあくまでコメントから推察されることであり、正解とは限りません。

母乳過多の改善方法は母子の組み合わせによって最適化する必要があるので、そのヒントとしてご利用ください。

2017年 6月 03日

はじめまして。
現在生後1ヶ月で、母乳過多や過飲症候群など、今の悩みを色々と検索していたらこちらにたどり着き、とても助かっています。
とても勉強になるので、本も注文して届くのが楽しみです!

以前は、左右5分づつ、1日に8-9回ほどの授乳だったのですが、寝ている時の唸りや、ゲップをさせても苦しそうな様子がみられたので、授乳時間を減らすようアドバイスされ左右4分に切り上げたところ、赤ちゃんの不機嫌度が増してしまい、おっぱいもバンバンに張り放置していると下着がべしょべしょになってしまうようになり困っていたところにこちらのブログにたどり着きました。

それから時間割授乳を実施すると、おっぱいの張りが嘘のように解決しました。
まだ実施して2日目ということもあり、症状が良くなるかもしれないのですが、赤ちゃんの様子はまだムラがありますが、以前よりは授乳後気持ちよさそうにしてくれているし、不機嫌な感じも減りました。

 

そこで質問があります。

①以前は片乳飲ませるたびにゲップをしっかりさせていたのですが、今は赤ちゃんが離すまで飲ませた後、ゲップをさせようとしても出ない時が多くなりました。

片方ずつの授乳では、ゲップが出なくても気にせずに寝かせても大丈夫なのでしょうか。

よく母乳がこみ上げてきて苦しいような様子になります。

②授乳時間がいつも30分は越えることが多いのですが、10分くらい経過すると、赤ちゃんがほとんど寝てしまい飲むのをやめるので、ちょっと離そうとするとまた飲みはじめ、また寝て…の繰り返しで、30分超えてしまいます。

このような飲み方も30分とカウントするのでしょうか。吸い方が悪いから30分超えてしまうのでしょうか。

吸てつの速度は1秒に1回くらいで、ポジションは気をつけているつもりなのですが、まだポジションが悪いのかもしれません…

 

From sumire

はじめまして。本もご購入いただきありがとうございます!
母乳過多の症状に改善が見られるとのことでよかったですね。
ゲップは、「直母で授乳している場合はあまり出ない」と聞いたことがあります。

今までは、過飲症候群による消化不良で、ガスが発生していたのかも?しれませんね。
私自身は、子どもに授乳後、ゲップをさせることはしていませんでした(ほとんど出ないので)。

母乳が多い間は、吐乳や苦しそうな様子も見られるかもしれませんが、生産量がちょうどよくなれば、自然と解消するかもしれません。
また、寝ながら哺乳する場合は、ポジショニングの良し悪しに関係なく30分以上になりがちなので、30分とカウントしなくてもいいんじゃないかなと思います!

 

2017年 6月 06日

返信ありがとうございます!
あれから時間割授乳を続けたところ、うんちの水っぽさが減り、白いつぶが増えました!

うんちの量も、前より減って、まさに小さじ2杯分ほどのうんちが多くなりました!
ゲップと授乳時間の件、ありがとうございます!

ゲップはほとんど出ないのですが、最近おならをすごくするようになりました。

まだ母乳の生産量が多いのかもしれませんが、前よりも、赤ちゃんの様子が落ち着いてきたので、これからも続けていきたいと思います。

今、合間をぬって本も読んでいるのですが、本当に出産前に出会いたい本でした。

入院中に実施できなかったことが多くて後悔ですが、今からでも少しずつ改善していけたらと思います!
本当にありがとうございました。

 

From sumire
ウンチの量がそこまで減ったとは、効果を感じますね!
オナラは、空気を飲んだかどうかと、臨床的に関係なかったという説もあるので、もう少し消化機能が回復するまで様子を見てもいいかもしれませんね。
書籍は、文章量が多くて読むのも大変だと思いますが、おっしゃるように、今からでも役に立つ情報もたくさんあると思うので、少しでも快適な育児へのお役に立てますと幸いです!

 

母乳過多の原因や対処法についての記事一覧は、母乳過多から見ることができます。

他の方の体験談は、経験談(母乳過多)から見ることができます。コメントする前に、似たような経験談が載っていないか探してみてくださいね。

 

理系育児_母乳育児編

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る