1回の直母量が少ない…でも大丈夫!|数値の見方

まず、ミルクの缶に書かれた月齢相当の補足量と、直母量を比較して、母乳の分泌が十分かどうか判断することはできません

 

1回の直母量で判断できるのは、「母乳が出ているか」ではなく、「上手に乳房に吸着して効率よく飲めているか」「オキシトシン反射が起こったか」です。

これは、とても重要な前置きです。

 

例えば、母乳はたくさん分泌していても、ポジショニングが悪いと、上手に乳房に吸着できなくなり、直母量がとても少なくなってしまうことがあるのです。

 

母乳育児は、ポジショニングが悪いとトラブルが多くなるので、ここをチェックします。

母乳が足りているかどうかは、直母量ではなく、赤ちゃんの尿や体重変化で簡単に判断できます。

 


<直母量のはかり方>

1回の直母量は、授乳する前後で、赤ちゃんの体重が何グラム増えたかで計算します。

できるだけ誤差(最小表示g)の小さな体重計で量ります。

 

ただし、月齢やその他の条件によって、妥当な数字は変わってくるので、素人判断は非常に難しいです。

母乳育児の知識と熟練したスキルを持つ助産師の方に、チェックしてもらえるとベストです。

 


<熟練した医療スタッフが近くにいない!どうする?>

直母量を調べなくても、多くの場合、他のサインからトラブルの有無をチェックすることができるので、母乳育児を軌道にのせることができます。

 

でも、どうしても母乳育児がうまくいかない場合は、自分でなんとかするしかないんですよね。

以下に、WHOのガイドラインを参考に注意点をまとめたので、飲めているのか怪しい場合、ベストじゃないですが、参考程度にしてみてください。

 

●新生児期の場合●

産後数日は、直母量が10 g以下でも、母乳のみで足りる場合があります。

 

日を追うごとにだんだん直母量が増えていけば、「適切な授乳」ができている証拠になります。

なかなか増えない場合は、授乳の仕方に問題がある可能性が高いです。

 

退院後も直母量が10 g以下の場合は、入院中の授乳回数が少なすぎたか、ポジショニングが悪い可能性が高いです。

授乳の仕方を改善すれば、徐々に哺乳量は増えていくでしょう。

 

●月齢一カ月以上の場合●

朝晩、時間帯をずらして何回か量ってみて、50 g以上飲めていたら、まず大丈夫なのではないでしょうか。

それでも、赤ちゃんの体重増加が少ないなら、授乳回数が足りない可能性が高いです。

この程度の場合、直母量が40gか?100 gか?よりも、重要なのは、赤ちゃんの尿と体重の変化です。

 

何回量っても直母量がとても少ない場合(10gや20gなど)は、ポジショニングを含めて授乳の仕方が良くない可能性が高いです。

授乳の仕方が改善できれば、徐々に哺乳量も生産量も増えていくでしょう。

 

 

 

また、直母量は多くても、乳首の痛みがあれば、ポジショニングが悪いサインになります。

詰まりや乳腺炎などトラブルのリスクが上がるので、飲めているからといって痛みを我慢せずに、ポジショニングをチェックしてみてください。

 

直母量が少ない場合も、「今、まさに増えつつある時期」かもしれないので、がっかりするのは早すぎます。

くれぐれもポジショニングにはよく注意して、1日に8-12回以上の授乳を続けながら、赤ちゃんの尿と体重変化をチェックしてみてください。

体重増加が少なければ、ポジショニングが悪いか、授乳回数が少ない可能性が高いです。

 

「母乳不足感」の対処法と、母乳を飲めているかの判断方法について↓

「母乳不足」という言葉は正しくない!母乳不足に関する記事まとめ

 

適切な授乳の仕方や母乳量について↓

ポジショニングの記事一覧

「母乳育児が軌道に乗る授乳方法」のやり方・疑問・悩み|まとめ

第2章まとめ|誰も教えてくれなかった、おっぱいと母乳の基礎知識

上手に飲めない?授乳を拒否する?授乳が難しく感じる原因と対処法

書籍「ちょっと理系な育児 母乳育児編」に、母乳不足感を打ち消すための科学的知識がまとめられています。

2017/1/27更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る