ベビースケールは必要?赤ちゃんの体重を量る時の心得

まず、ベビースケールを使って、赤ちゃんの体重を「毎日」量ることは、慎重に考える必要があります。

 

たまたま体重増加度が「平均以上」で増えた場合は、安心材料になるかもしれません。

 

でも、例えば、「昨日から5 gしか増えなかった」場合や、「直母量を量ってみたら10 gしか飲めていなかった」場合に、その意味を正しく判断して対処できるお母さんは、少ないんじゃないでしょうか。

 

たいていは、「母乳が出ていないのかな〜」と不安になって、ミルクを飲ませ始めることになるでしょう。

そう、「母乳不足感」の原因にもなってしまうのです。

 

目先の数字だけでなく、その意味や原因、全体の傾向もトータルで冷静に判断できる自信があるお母さん以外は、「不必要に」自信を失くす可能性が高いので、やめておいた方が無難でしょう。

 


<役に立つ体重のチェック方法>

赤ちゃんの成長は、体重だけで判断することはできませんが、日常的に、お母さんが自分で知ることができる手がかりとしては、やっぱり体重が一番手軽で、役に立つので、はかり方のポイントをまとめます。

 

●はかるタイミング

母乳育児が軌道に乗るまでは1週間おき、軌道に乗ってからは1カ月おきに量り、数字を記録しながら、WHOなどの成長曲線のグラフに点を打っていくと、変化が分かりやすいです。

 

●はかり方

ベビースケールが身近になければ、大人用の体重計で赤ちゃんを抱っこして量り、大人の体重を引いて計算するやり方で十分です。

(例えば、抱っこした時の体重が53.5 kgで、大人だけの体重が50.0 kgの場合は、赤ちゃんの体重は3.5 kgということ)

 

誤差があっても、その時々の正確な体重よりも、「どのように変化しているか」が分かることが大事なのです。

誤差(最少表示g)が大きい体重計を使う場合は、毎回同じものを使うことで、誤差込みの傾向を知ることができます。

 

1日あたりの増加量は知らなくてもいい

「1日に〇グラム以上増えればOKか」は、赤ちゃんによって本当にバラバラ!!なので、あまり参考になりません。

試しに、WHOが公表している【出生体重2500-3000 gの赤ちゃんの体重増加速度】を見てみると、バラバラっぷりが分かると思います(他の出生体重の赤ちゃんのリンクも貼ってあります)。

g/日を計算するのではなく、WHOの成長曲線【WHOの体重-月齢曲線】に、上記のやり方で量った数値を記録し、スタンダードカーブに沿って増えているかをチェックしましょう。

 

 

関連記事

1回の直母量が少ない…でも大丈夫!|数値の見方

多くのお母さんが経験する母乳不足感

一般的に、赤ちゃんの様子で困ったことがあると、何かとおっぱいのせいにされがちです。

そのため、たとえ必要以上に母乳が作られていたとしても、「母乳が出ていない」と感じることも珍しくありません。

母乳育児を軌道に乗せるために必要なのは、運や根性ではなく、知識とスキルです。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

書籍「ちょっと理系な育児 母乳育児編」に、母乳不足感を打ち消すための科学的知識がまとめられています。

2017/4/16更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る