授乳しようとしたら泣いて嫌がるのはなぜ?授乳拒否の原因

授乳拒否

世界共通の問題である赤ちゃんの授乳拒否。

その原因は、「母乳が出ていないから」でも、「母乳がおいしくないから」でもありません。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.13 授乳拒否

<徴候>

赤ちゃんが授乳を拒否し、背中を弓ぞりにして泣いたり、乳房に近づけると顔をそむけたりします。

お母さんは赤ちゃんに拒絶されたように感じ、落胆し、非常に悩むかもしれません。

 

 

<原因>

これには以下のような肉体的な問題が考えられます。

  • 病気…感染症や、例えば鵞口瘡による口の痛みなど。
  • 痛み…例えば、分娩時に赤ちゃんが傷を負った場合や、胃食道逆流によるもの
  • 鎮静…お母さんが分娩時に鎮痛剤を投与されたことで、赤ちゃんも鎮静された場合

 

 

赤ちゃんは以下のような原因で、授乳が難しくなったり不満を感じたりすることもあります。

  • 哺乳瓶やおしゃぶりを使用している場合
  • 乳房に上手に吸着することが難しい場合
  • ポジショニングの介助者によって頭が押さえられている場合
  • 吸着させようとするときに、お母さんが乳房をゆする場合

 

赤ちゃんは以下のような環境の変化によって、混乱することもあります。

  • お母さんの仕事復帰や、引越しなどによって日常が変化した場合
  • 介助者がいつもと違う、もしくはそばにいる介助者が多すぎる場合
  • お母さんのにおいが変わった場合(例えば石鹸や香水を変えたときなど)

 

授乳拒否されるとまるで赤ちゃんから拒否されているかのように感じますが、決してお母さんを拒否しているのではなく、赤ちゃんは何か別に理由があって混乱しているだけなのです。

「母乳が出ていないから」「お母さんが母乳によくないものを食べたから」でもありません。


<授乳が難しくなる、よくある理由>

●乳頭混乱の可能性

哺乳瓶やおしゃぶりは、直母の飲み方とメカニズムが違います。

だから、哺乳瓶などに慣れてしまうと、

「乳頭混乱=人工乳首に慣れてしまって直母ができなくなる」危険性があります。

 

●うまくおっぱいに吸着できていない可能性

「授乳とは、おっぱいをくわえさせればOK」では、ありません。

うまくおっぱいをくわえられない・乳首が痛い・哺乳量が増えないなど、授乳の悩みはポジショニングの情報が役に立ちます。

お母さんの乳首が固かったり、陥没・扁平・巨大・長大乳頭だったりする場合や、赤ちゃんが舌小帯短縮症などの場合にも難しくなりやすいです。

※陥没・扁平・巨大・長大乳頭の見分け方対処法

舌小帯短縮症

 

●新生児によくある、母乳を飲まない原因
泣くたび授乳をしているとよく泣く子になる?

 

授乳拒否の原因は様々

そもそも、おっぱいが欲しいのかどうか分からない・赤ちゃんが何を訴えているのか分からない、ということもあるかもしれません。

自分の赤ちゃんとはいえ、自分以外の人物の思考は読み取れないものなので、泣く理由が分からないことがあっても、ごくごく自然なことです。赤ちゃんが泣くのは本人の都合なので、親は「私が悪いの?」などと自分に引き寄せずに、赤ちゃんの問題として切り離しつつ、冷静に対処すれば十分かもしれませんね。

意味不明泣きには、スキンシップも有効なことが分かっています→※哺乳ストライキを起こしたらどうすればいい?授乳拒否の対処法

2017/2/19更新

関連記事

コメント

    • さるぼぼ
    • 2017年 1月 15日

    こんにちは。長い海外生活ののち日本で出産・子育てをし始めました。息子は5ヶ月です。日本語と英語で疑問を検索した時に出てくる結果の内容の差に何も信じられなくなっていたので、こちらのブログの科学的なデータに基づいたアドバイスをとても頼りにさせてもらっています。

    出生体重が3946gあり、最初の3ヶ月はどんどん体重が増え6.8kgまでいったので安心していたのですが、3ヶ月半あたりから体重が増えるどころか徐々に減りだし、今5ヶ月で6.5kgになってしまいました。4ヶ月検診でも注意をされ、ミルクを足したほうがいいのではと言われました。(この検診で授乳前と授乳後の体重を測ってもらったら、50mlしか飲めていませんでした。)一番気になるのは、体重が減りだしたのと同じくらいの時期から授乳のたびにぐずるようになり、最近では少し飲んだら涙を流し顔を真っ赤にしてギャン泣きするようになりました。出産からお世話になっている助産師さんに相談しおっぱいの状態や母乳の出具合、おっぱいの咥え方や姿勢までいろいろ見てもらいましたが、子供はきちんと咥えているし出ていないわけでわないが、量が足りていなそうと言われました。私が食事や水分の摂取量を増やし母乳を増やしつつ(私は他のお母さん達みたいに母乳をあげていてもお腹が空きません)、夕方一番泣くときに200mlミルクを足したらと言われました。おしっこも量は問題なさそうですが、ひどい便秘(一週間に一度程度)も水分不足からきているのではないかと心配です。3ヶ月頃から夜は1度起きる程度だったので、授乳の回数が減ったことで母乳の生産量が減ってしまったのでしょうか?

    機嫌がいい時を見計らいお腹が空きすぎて泣く前になるべく頻回に授乳するよう心がけていますが、それでも飲み始めて間もなく不機嫌になります。本当に空腹が理由で泣いているのかが知りたくて、試しにミルクをあげるとすごい勢いで飲飲み干し、すぐに落ち着きました。手で搾乳してどの程度出ているか自分で見てみようとしましたが、1・2ヶ月に搾乳してみた時に比べると全く量がなくびっくりしました。私が完母で育てたいがために空腹のまま泣くわが子を見ていると、可哀想で仕方がなくすごいストレスが溜まります。そのストレスも母乳の生産にも良くないし、ミルクを足してお互い楽になった方が良い子育てができるんじゃないかと周りからはアドバイスをされました。どうしてかいいかわからず、ミルクを足すようになり四日が経ちましたが、これでどんどん母乳の生産量が減るのではと焦ります。

    何かアドバイスがあったらお聞きしたいです。よろしくお願いします。

    • 赤ちゃんの体重推移や授乳の時の様子を心配されているんですね。問題を一つ一つ分けて考えてみますね。

      ①母乳の出について 
      いただいたコメントからは、母乳が十分に作られていないことを示すサインは「一つも」ありませんでした。 
      ちなみに、最初の3ヶ月間、1日の授乳回数はどのくらいだったのでしょうか?もし6-7回以下であれば、生産能力が落ちている可能性はあります(挽回は可能です)。 

      ②赤ちゃんのぐずりについて 
      まず、便秘の治療をした方がいいかもしれないなと思いました。泣かずにある程度の柔らかさの排便があれば、週一でも妥当な範囲かもしれませんが、カチカチの便・ぎゃん泣き・流血などあれば、できるだけ早く受診して、下剤など処方してもらえるといいかもしれません。(私の子どもは歩けるようになるまで便秘がちで、下剤のお世話になっていました)

      ③体重が増えないことについて 
      これは、十分な母乳を飲めていない可能性があります。「母乳は作られていても、赤ちゃんの口に入っていない」こともよくあるのですが、その原因としてたとえばオキシトシン反射が起こりにくくなっていることなどがあります。
      お話しをうかがった限り、さるぼぼさんよりもミルクの方を信頼している方々に囲まれて子育てしていらっしゃるようで、どれだけ不安が大きいことかと推察します。大きな不安を感じるだけでオキシトシン反射は起こりにくくなったりするので、自分の母乳に自信を持つことは母乳育児をする上でとても重要なのです。
      母乳不足感の記事もお役に立てるかと思います。 

      ④優先順位は赤ちゃんの成長 
      まずは、体重を急いで増やす必要があります。今は体重が増えない原因が分からないので、ミルクも使ってみる価値があると思いますがいかがでしょうか。カップフィーディングであれば、乳頭混乱のリスクもなく、哺乳瓶のように飲み過ぎることもないので、母乳を飲む量が減ってしまうということも起こりにくいです。母乳の生産量は増えるスピードは速く、減るスピードは遅いもので、急に出なくなることはないので安心してください。
      3日おきに体重を量って(誤差100 g以下であれば大人用の体重計で抱っこしたときの数値から自分の体重を引けばOK)増えていることを確認しつつ、ミルクはだんだん減らしていけばいいと思います。

      たぶん母乳は十分に作られているので、安心して、母乳育児も続けてください。不安になったらまたコメントください。

    • ちこ
    • 2017年 3月 04日

    sumireさん、こんにちは。いつもこちらのサイトには知識と勇気をいただいています!

    生後4日目の2人目の子ども(出生時3010g)について、よろしければアドバイスいただけないでしょうか?

    生後2日目夜から母子同室になり、授乳は日に13〜15回程度です。日に2、3度ギャン泣きでどうしてもうまく授乳できないことがあり、理由がよくわからずどうしたらいいか困り果てています。飲みたがっている様子はあり、乳首を口の中に入れるのですが吸い付かずに首を振ったりフガフガ音を立てたりして大泣きします。助産師さんも一緒にいろいろ試しましたがどうにもうまくいかず、今のところ不本意ながらミルクを哺乳瓶で飲ませる以外の解決方法を見つけられていません。(飲ませると落ち着きます)

    ちなみに、上記のギャン泣き以外のときは特に飲み方が目立って下手ということもなく、問題なく飲めています。普通に飲んでいたのに、途中で急にスイッチが入ってしまうということは一度ありました。
    また、子どもの体重推移や母乳の出具合については問題なさそうと言われています。

    気になる点があるとすると、生後0〜2日のうちにも日に2、3度哺乳瓶による補足をしていたことでしょうか。

    明朝には退院で、私としても極力哺乳瓶を使わずに対処していきたいので、思い当たる点やできそうなことについてアドバイスいただけると幸いです。

    • コメントありがとうございます。産まれて間もないお子さんと試行錯誤中なのですね。
      コメントを拝見した限りでは、授乳に問題がある可能性は低いんじゃないかなと思いました。
      「おっぱいは泣くけど哺乳瓶は飲む」ということからパッと思いつく理由は「母乳の勢いが強い」「オキシトシン反射が起こるまで待てないだけ」「哺乳瓶との違いに戸惑っている」などでしょうか。
      泣く以外にも困ったサインがあれば、それも手掛かりになると思います。
      赤ちゃんが泣くには様々な理由があると思いますが、その調子で「おっぱい?違う?何かな?」とやり取りしていけば、理由が分かることも増えてくるかもしれません。
      母乳はよく飲めているんだと思います。
      授乳の悩みには、授乳の基礎母乳の生理学の情報もお役に立てるかもしれません。

        • ちこ
        • 2017年 3月 08日

        さっそく返信いただき、ありがとうございました!

        退院しどうなることかとヒヤヒヤしながら3日過ごしましたが、今のところミルクなしで過ごせています。泣いてしばらくフガフガしてしまうことは数回ありましたが、なんとか吸いついてくれました。結局理由ははっきりわからないままですが、なんとなく子どもの方もこの数日で少し上手くなってくれたのかなと思っています。昨夜は超頻回授乳でほとんど寝られませんでしたが…(^_^;)

        また引き続き勉強させてもらいながら2人目の母乳育児楽しんでいけたらなと思っています。ありがとうございます!

        • 赤ちゃんの泣きは理由がよく分からないことも多いと思いますが、なんとなくこうかな?違うかなー、というやり取りができていたらそれで十分だと思うので、その調子だと思います!!
          寝不足は、お昼寝でカバーできるといいですね。
          今は、赤ちゃんのお世話で精一杯なんだということを周知して、上のお子さんのお世話や家事など他のことはできるだけ周囲に任せることも、ご自身と赤ちゃんの健康のために大切かもしれません。

    • aiko
    • 2017年 4月 01日

    こんにちは。こちらのサイトを参考にさせていただきながら、育児に励んでいます。とてもすばらしい内容で、本当に勉強になります。

    よろしければ、ご相談させてください。
    2月1日に2418グラムで生まれ、母乳の分泌も少なく、本人の吸う力も弱いため、ほぼミルクで退院しました。
    その後、少しずつミルクが減り、1ヶ月健診では2875グラムになり、1日2回は40mlを足すように医師から言われました。

    その後、2週間かけて少しずつミルクを減らし、母乳だけで過ごすようになりました。ただ、その頃から1日の体重増加が14グラムまで減ってしまい、母乳が足りていないように思われました。

    また、日中は乳首を加えては離し、泣き叫ぶようになり、なかなか授乳ができなくなってしまいました。そのうちに乳腺炎になってしまい、近くの母乳外来を受診したところ、1ヶ月健診から28日経過して、体重は3280グラムと400グラムしか増えておらず、体重が少ないので、1日400mlミルクを足すように言われました。
    また、そのときに直母量も測りましたが、ほとんどない状態でした。

    薬を飲みはじめて乳腺炎の症状は治まってきました。本人も少しおっぱいを飲んでくれるようになりましたが、飲みはじめて少したつと泣いて暴れてしまいます。

    夜は横抱きで2時間おきにしっかり飲んでくれるのですが、日中は立って抱っこしながらでないとおっぱいを飲んでくれなくなってしまいました。
    授乳後はすぐに泣き、また授乳を繰り返しています。

    ミルクも、1日にいきなり400ml追加したので、このまま母乳が止まってしまうのではないかと心配です。

    何かアドバイスいただけますと幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • こんにちは。赤ちゃんの泣きや、母乳育児ができなくなる不安で悩んでいらっしゃるんですね。
      おっぱいを飲んでくれなかったり、すぐに泣いたりされるのは、かなりストレスですよね。

      コメントからは、母乳は作られているけど、上手く赤ちゃんの口に入っていないのかなと感じました。
      乳腺炎になったということは、母乳が余っているサインでもあります。
      上手くおっぱいに吸着できれば、乳腺炎にもならず、赤ちゃんも楽に母乳が飲めるようになるので、新生児への授乳の仕方が役に立つかもしれません。

      ミルクは
      ・小分けにして飲ませる(50 mL x 8回など)
      カップフィーディングで飲ませる
      ・1週間おきに体重を計り、これまでより速く体重が増えていれば1日10~50 mLずつ減らす
      という感じにすれば、母乳育児ができなくなるリスクを減らせると思います。

      まずはポジショニングを習得することに集中できるといいのかなと思います。1日8−12回以上直母できていれば、母乳が止まることはないと思うので、安心してください。

        • aiko
        • 2017年 4月 03日

        お忙しいなか、ご返信くださり誠にありがとうございました。
        基本に戻り、しっかりとポジショニングの見直しを行いたいと思います。
        カップフィーディングを試してみましたが、上手くできず、泣いて大暴れしてしまいました。
        本人が落ちついているときに、またチャレンジしていきたいと思います。
        本当にありがとうございます。

        日中、本人の意識がはっきりとしているときはまだ泣いて拒否しますが、うとうとしていたり、夜間などは授乳できるようなので、そのタイミングを逃さないようにがんばっていきたいと思います。

        また、ご質問なのですが、ミルクを与える際に、回数を最小限にするという記事を読ませていただきましたが、やはり一回の量を少なく回数が多い方が、母乳育児継続のためにはよろしいのでしょうか。

        どうぞよろしくお願いいたします。

        • 慣れないカップフィーディングで大泣きされると、心が折れそうになりますよね。
          カップフィーディングは、おそらく赤ちゃん側のスキルよりも、大人側の「慣れ」が重要だと考えられます。
          解決するためのヒントとして、記事を公開しました。参考になりますでしょうか→カップフィーディングが上手くいかない三大理由

          ミルクの回数を最小限にというのは、「不要なミルク」は少ない方が母乳育児が軌道に乗りやすいという意味だと思うので、「必要なミルク」は無理に減らさない方が赤ちゃんの成長に有利になる可能性が高まります。

          その上で、1日の中で小分けにして飲ませるメリットは主に2つあります。
          ①飲ませやすい
          →カップフィーディングは哺乳瓶のように一気飲みができず、直母のように時間がかかるかもしれません。100 mLや200 mLなどになると、飲ませる方も大変だし、赤ちゃんもお腹いっぱいになって飲めない可能性が高いです。

          ②直母の機会が増える
          →一度にたくさんのミルクを与えてしまうと、授乳間隔が空いて母乳の生産システムが立ち上がりにくくなったり、乳腺炎などの乳房トラブルのリスクが上がったりしてしまいます。

          ミルクを飲ませるときは、いつでも「先に直母→ミルク」の順番にします。
          そうすることで、優先的に母乳を飲むことができるので、生産量の維持と乳房トラブル防止が期待できます。

          細かいやり方に迷ったら、頻回授乳と母乳の生産システムの関係などを理解するために、母乳の生理学の情報が役に立つかもしれません。

            • aiko
            • 2017年 4月 06日

            親身に相談にのってくださり、本当にありがとうございました。
            とても勉強になりました。
            おかげさまで、授乳拒否も落ち着きました。
            ミルクも少量を回数を多く与えることで、母乳も飲んでくれているようです。
            気長にミルクを足しながら、本人の成長を見守っていきたいと思います。
            アドバイスいただきましてまして、本当に助かりました。
            本当にありがとうございました。

    • あい
    • 2017年 9月 19日

    こんばんは。
    アドバイスいただけるとたすかります…

    今日、おっぱいマッサージに行ってきました。
    十分にでてるから、今日からミルクを減らしなさい、と言われました。
    今はミルク80を日に3.4回足してます。それを40にしなさい、と。ほんとはゼロにしたいけどと言われました。

    マッサージ後に授乳しようとしても、全くおっぱいを、受け付けてくれません。泣き叫ばれ、可哀想になりミルクをあげると飲みます。その後におっぱいを、あげようとしても泣き叫ひ拒否します。
    何度か、トライしても同じ…ミルクをあげるの繰り返しです。一度ミルクをあげた後におっぱいをあげると咥えてくれましたが、もう片方まではいきませんでした…
    せっかくおっぱいマッサージいってシコリを取っても飲んでくれないの、腐る、でなくなる、もう何時間あげられてない事にとても不安です。

    赤ちゃんも、泣けばミルクをもらえるとわかって泣いてるんでしょうか…授乳したくてもできないのはホントに辛いです、

    • おっぱいを泣いて飲まないのは辛いですね。
      色々悩ましい課題があるようですが、今すぐできることが2つあります。

      ①哺乳瓶を使う回数はできるだけ減らして、コップでの授乳にトライする
      ミルクも搾乳も、コップで飲ませる練習をすると、直母を受け入れやすくなることが期待できます。

      ②母乳過多の改善
      コメントを拝見した限りでは、母乳の生産量が多いのかな?と感じたので、母乳過多についての情報がお役に立てるかもしれません。
      母乳の生産量がちょうどよくなれば、しこりや授乳拒否も解消することが期待できます。

      どちらもたくさんの知識が必要なので、1日で解決とはいかないかもしれません。
      それでも、母乳にまつわる迷信(しこりはマッサージで取るとか、母乳が腐るとか)に惑わされずに適切な対処をするためには、知識を身につけることが遠回りのようで近道なのです。
      なかなか記事を読むのも大変な時期だと思いますが、なんとか解決できるよう応援しています。

        • あい
        • 2017年 9月 22日

        お返事ありがとうございます。
        今日も、マッサージに行ってきました。
        シコリは相変わらずです…
        実は昨日から、哺乳瓶を使わずスプーン授乳にしました。そして、十分足りてるからとのことでしたので、80をつくってあげました。おそらく40ぐらいは飲めたかなという感じでした。それを2回。するとおしっこの回数が減り、ウンチもミルクを飲ませた後にしかしない。(とはいえ、1日と半日しかしておりませんが…)で、今日体重が減ってました。昨日から、哺乳瓶をやめてスプーン授乳にしたこと、回数も2回にした事を伝えると怒られました。40を4回あげるようにいったでしょ?あなたはまだ母乳だけでは足りないんだから、と言われました。2日前に言われたことと違う…と思いましたが、自分にも思い当たる節があるので、やっぱりな…という感じです。このまま続けて完母になる保証もないし、授乳ばかりしてるので上の子もぐずるし…自分が親として中途半端な気がしてなりません。マッサージは、シコリができたので取ってもらおうと軽い気持ちで行ったんですが、色々言われてどうしたらいいのか、また自分がどうしたいのかわからなくなってしまいました。
        マッサージの先生が言われる、おっぱいは赤ちゃんが咥えたらできるんだ。と言いながら、3時間あいたらおっぱいが腐るというつじつまが合わないコメントにも理解ができなくなってきました。できてないのに腐るの?と。

        乱文すみません。ホントにどうしたらいいかわからなくて…来週も行かないと行けないのですが、もうやめておいたほうがいいのかなと思っています…

        • マッサージの方は科学的知識はなさそうですね…とはいえ、行った方がいいのか行かない方がいいのかはご自分が快適だと思う方でいいと思います。

          どうすればいいかわからないのはもっともなので、まずはご紹介したリンク先をご覧ください。
          母乳過多のまとめ記事に、経験談のリンクもあるので、同じような経験をされた方がいないか探してみてくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る