陥没・扁平・巨大・長大乳頭|原因と対処法

母乳育児は十人十色。

赤ちゃんに個性があるように、おっぱいにも個性があります。「平均とどのくらい差があるか」を気にする必要はありません。

それよりもすべての母子が、自分たちに合ったやり方を見つけられることが需要です。

それぞれのおっぱいに合わせたやり方で母乳育児を軌道に乗せるためには、例えばどんな方法があるのでしょうか。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.9 陥没・扁平・巨大・長大乳頭(3)

 

<原因>

乳頭の形が様々なことは、乳房の身体的特徴として自然なことです。

陥没乳頭は、乳頭が固い結合組織に保持されていますが、赤ちゃんがしばらく哺乳をした後は結合組織がゆるみます。

 

<対処法>

扁平・陥没・巨大・長大乳頭全てに、同じ原則が適用されます。

  • 出産前にエクササイズなどをしても役に立ちません。
    妊娠中に乳頭の形で悩んでいる場合は、通常と異なる形の乳首からもたいていの赤ちゃんは困難を感じずに哺乳できること、産後に熟練した介助を受けることが最も重要であることをお母さんに説明します。
  • 産後できるだけ早く、お母さんはポジショニングと乳房へ吸着させるための介助を受けましょう。
    赤ちゃんの方にもたれかかってみるなど、お母さんが様々な姿勢を取ることで、乳房と乳首が、重力で赤ちゃんの口に向かって落ちて、吸着が上手くいくこともあります。
  • お母さんは赤ちゃんを乳房の近くにいさせて、たっぷりとスキンtoスキンコンタクトを取り、赤ちゃんが自分流のおっぱいの飲み方を見つけられるようにしましょう。
  • 最初の1-2週は赤ちゃんが吸着できないこともありますが、その場合は搾乳してコップで飲ませることもできます。
  • お母さんはいろんな姿勢を取りながら、赤ちゃんにおっぱいを飲ませる試みを続けましょう。
    赤ちゃんの口の中に搾乳したり、唇に触れてルーティング反射を起こしたりすると、口を大きく開けさせることができます。
  • 赤ちゃんの成長に伴って、口はすぐに大きくなり、より吸着しやすくなります。
  • 哺乳瓶やおしゃぶりは、赤ちゃんが口を大きく開けなくても飲めてしまうので、避けましょう。
  • 扁平・陥没乳頭は、20 mlサイズのシリンジの先をカットしたものを使って、授乳の直前に乳首をストレッチさせることができます(図20)。

Figure 20

 

プラスチック製の注射器は、ネット通販などで数百円で購入可能なようです。

「カットした側から」プランジャーを差し込んで使うのが、ギザギザの面で皮膚を傷つけないためのポイントです。

 

原理としては、ひっぱり出せればいいので、毎回の授乳直前に搾乳器(搾るためじゃなくて引っ張り出すため)などを使ってもいいかもしれないし、

最初の5分くらいは乳頭保護器を使って授乳して、結合組織をゆるめてから、直母にトライしてもいいかもしれません。

 

結合組織が固いまま直母すると、乳房への吸着が下手になるので、乳頭裂傷などが起こるかもしれません。

直母を続けていれば、日に日に結合組織はゆるんでいき、1週間~1カ月くらいで最初から上手に直母できるようになるでしょう。

 

 

巨大・長大乳頭の場合は、最初は搾乳で母乳量を確保することと、直母の練習をして乳首を柔軟にすることの両方を、並行して続ける必要があるかもしれません。

 

ただ、そのうち乳首が柔軟になり、赤ちゃんが成長して口の大きさや筋力がアップすれば、上手に吸着できるようになるでしょう。

 

授乳の準備としての乳首マッサージについての研究結果は、《妊娠中の乳首マッサージで母乳率は上がらない?》をどうぞ。

 

ポジショニングは母乳育児を楽にする必須のスキル!

母乳育児を軌道に乗せるためには、それぞれのおっぱい・それぞれの赤ちゃんに合ったやり方を見つけることが欠かせません。乳首の痛みや哺乳効率を改善するために必要なのは、「平均的な形の乳首」ではなく、授乳スキルです。タグ#ポジショニングからチェックしておきましょう。

授乳のタイミングについては【母乳育児が軌道に乗るやり方・疑問・悩み】が役に立ちます。

 

 

2017/2/15更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る