哺乳ストライキを起こしたらどうすればいい?授乳拒否の対処法

 

赤ちゃんがおっぱいを拒否したときに、してはいけないことと、効果が期待できる対処法についての、WHOのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.13 授乳拒否

 

<対処法>

原因が分かれば、可能なら対処したり取り除いたりするべきです。

 

お母さんは、赤ちゃんから離れる時間を減らし、赤ちゃんを混乱させるような様々な変化を避けるには、どうしたらいいか考えてもいいでしょう。

 

授乳の技術を改善するために介助してもらい、どうやったら哺乳瓶やおしゃぶりを使わずに済むかサポートしてもらうこともできます。

 

また、以下のようなことを介助してもらうこともできます。

  • スキンtoスキン・コンタクトをたっぷり行って、一時、他の介助者のいないところで赤ちゃんと密着すること
  • 哺乳に興味を示したようなサインがあるときはいつでも授乳してみること
  • 赤ちゃんの口の中に直接搾乳してみること
  • 乳房をゆすったり、乳房の方を向くように頭を押さえつけたりするのを避けること
  • 再び直母する意思が出るまで、可能なら搾乳をコップで飲ませること

 

授乳拒否の対処法の基本は、

  1. 授乳拒否の原因が分かれば、それに対処する。
  2. 授乳は無理強いしないようにする。
    →泣いている赤ちゃんに、無理矢理授乳しようとしないようにしましょう。
  3. スキンtoスキン・コンタクトなど、心身共に母子で密着するように心がける。
    →やり方は下に書いています。ぜひ試してみてください。
  4. いつでも(時間やシチュエーションにこだわらないで)直母を試みてみる。
  5. (直母できるようになるまでは搾乳を飲ませる)

なんですね。

 

 

哺乳瓶を使わずに赤ちゃんに飲ませる方法としてWHOが推奨しているのは、コップで授乳する方法(カップフィーディング)です。

カップフィーディングのやり方(図解)

手で搾乳する方法

 

スキンtoスキン・コンタクトとは、お母さん(上半身)と赤ちゃんが裸の状態で、赤ちゃんを胸に抱いて、その上から服を着たり、布団でくるんだりする方法です。

母子ともにお互い裸でスキンシップする方法は、育児で何か困った時にはとても効果的のようです。

 

スリングや抱っこひもなどを利用して、できるだけ長時間、裸(ブラジャーも無し!)で密着した状態で過ごし、いつでも赤ちゃんのそばにおっぱいがある状態で、いつでも直母をトライできる環境が作れるといいかもしれません。

カンガルー作戦のやり方が参考になるでしょう。

※授乳拒否の改善のためにカンガルー作戦を試す場合は、赤ちゃんの帽子は必要ありません。

 

赤ちゃんには赤ちゃんの考えがある

赤ちゃんはいつでも喜んでおっぱいを飲むものと思いきや、すぐ口から出したり泣いたり怒ったりと、いろんな反応を見せることがあります。

タグ飲まないから、「母乳が出ていない不安を解消できる情報」や、「赤ちゃんはどのようにおっぱいを飲むのかの研究結果」などを知ることができます。

授乳拒否のパターンについて考察した授乳拒否の三大原因と対処法も参考にどうぞ。

 

2017/4/2更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る