投薬治療のための断乳が必要になるケースはめったにない

授乳中のお母さんが体調を崩した場合、「薬を飲まずに根性で耐えるか」「薬を飲んで断乳するか」の2択になっていませんか?

母子ともに可能な限り高い水準の健康を手に入れるには、どんな方法があるのでしょうか。 

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

5章 乳幼児の栄養法の継続的支援

5.5 問題を管理し、良い栄養法を実践するための支援

5.5.4 母親の健康・栄養・月経についてのカウンセリング

 

栄養法のカウンセリングの機会に、お母さん自身の栄養についてや、家族計画についての情報を十分に話し合うことができます。

お母さんが投薬治療を受ける場合も、授乳を止めるよう指導するべきケースはまれです。

8に、参考になるようなより詳しい話が書いてあります。

 

投薬と授乳についての話は、第8章にも書いてあります。

第8章まとめ|お母さんの健康と母乳育児

 

薬と母乳育児についてのガイドライン(翻訳版)は

「母乳育児と母親の薬物療法」WHO必須医薬品リスト第11版|目次

 

一時的に授乳をやめるべきお母さんの状態・やめる必要のない状態についてのガイドラインは、こちらに書いてあります。

代替栄養を利用することが妥当な医学的根拠

2017/4/11更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る