HIV陽性のお母さんから産まれた赤ちゃんの経過観察

HIV陽性のお母さんから産まれた赤ちゃんは、いつまで特に気をつけるべきなのかのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

6章 例外的に困難な環境の乳児の適切な栄養法

6.6 母乳を飲んでいない月齢6カ月~23カ月の子どもの栄養法

母乳を飲んでいない乳幼児のフォローアップ

母乳を飲んでいる子どもと同じ原則が適用されます(55.6参照)

少なくとも2年間は、栄養法が正しく行われているか、十分に栄養を与えられて成長しているかを定期的にフォローアップしましょう。

 

HIV陽性のお母さんから生まれた全ての赤ちゃんは、授乳を止めた月齢に関わらず、その時点から少なくとも2年間は、栄養法が正しく行われているか、HIVに感染していないかを追跡調査しましょう。

 

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る