しこりと母乳不足を一度に解消するポイント(図解)

母乳不足と、しょっちゅうできるしこりに悩むお母さんは少なくありませんが、そもそもしこりとは「母乳が余っている状態」ともいえるので、母乳不足と矛盾するのです。

なので、しこりは「母乳はたくさん溜まっているけど、上手く飲めていないサイン」と考えて、根本解決を目指します。

 

赤ちゃんの鼻の向きに注目!

WHOガイドラインには、授乳のポジショニングのコツとして

“赤ちゃんの顔が胸の正面に向くように、赤ちゃんの鼻の向きは乳頭とまっすぐ向かい合うようにする”

と書いてあります。

これはどういうことかを図にしてみたいと思います。

 

まず、「鼻の向きが乳頭と向かい合う」を、おっぱいに吸着しようとする赤ちゃんの頭頂部から見下ろした模式図で示します。

Fig.14

赤ちゃんの鼻の向きが乳頭と向かい合っています。この状態が良いということですね。

 

では次に、良くない鼻の向きの例を示します。

Fig.15

赤ちゃんの鼻の向きが、乳頭と向かい合っていません。

つまり、乳頭に対して赤ちゃんの顔が右や左にねじれていると、良くないということなんですね。

 

顔の向きがねじれた場合、前回の記事で説明したように、乳管が折れ曲がってしまうことが考えられます。

Fig.16

乳管が曲がると、母乳の流れが悪くなることで、しこりや哺乳不足のリスクが高まります→※最も短時間・少ない回数で母乳を効率よく飲むには

 

たとえば、乳房の右側にしこりができやすい場合、赤ちゃんの鼻の向きがこんな風に曲がっている可能性があります。

Fig.17

 

しこり改善と予防のポイント

詰まりや乳腺炎を繰り返す場合、しこりができやすい方に赤ちゃんの鼻を向けるようなイメージでポジショニングを調整すると、根本的な解決になるかもしれません。

  • 乳房の側面にしこりができやすい場合

Fig.18

 

※この図は分かりやすくするためにおおげさに描いてあるので、鼻の向きを曲げすぎて今度は別のところにしこりができないように、やりすぎに注意してください。基本の鼻の向きは「乳頭と向かい合う(図14)」です。

乳頭と鼻の向きがよく分からない方は、縦抱きで授乳すると、真上から見て確認できるので分かりやすいかもしれません。

 

  • 乳房の上側にしこりができやすい場合

Fig.19

「鼻が下を向いている=赤ちゃんがうつむき気味であごが乳房から離れている」と、効率よく哺乳できないので、「鼻が上を向くように=お母さんから顔が良く見え、あごが乳房に触れるように」吸着させます。

 

しこり対策の優先順位を整理!

一般的に、乳房の上部や側面にしこりができやすいのは、赤ちゃんのポジショニングが崩れて乳管が曲がりやすいからかもしれません。

「あご側は吸てつする力が強いから、しこりが解消しやすい」説は、実際は「あご側の乳管はどんなポジショニングでも曲がりにくい」ためじゃないかと、現時点では考えています。

Fig.20

 

しこりは体質だとあきらめる前に、厳しい食事制限や高額なマッサージに通う前に、まずはポジショニングを工夫してみてはいかがでしょうか?

 

母乳の作られすぎで、しこり・乳腺炎になってしまう場合は→※母乳過多の根本解決法

 

参照記事

赤ちゃんの抱き方と母乳の飲ませ方

乳管のつまり|原因と対処法

ポジショニングは母乳育児を楽にする必須のスキル!

哺乳不足・しこり・詰まり・乳腺炎などのトラブルを根本解決するためには、授乳スキルが重要です。タグ#ポジショニングからチェックしておきましょう。

授乳のタイミングなどについては【母乳育児が軌道に乗るやり方・疑問・悩み】が役に立ちます。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」に、母乳育児の悩みやトラブルを根本解決するための情報がまとめられています。

2017/5/13更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る