哺乳が上手な赤ちゃんと下手な赤ちゃんがいる

初めての母乳育児で赤ちゃんが十分な母乳を飲めていないと、「母乳が足りない?」と思ってしまうかもしれません。

でも、授乳がうまくいかない理由は、たいてい母乳の生産量不足ではないのです。

 

今回は、「哺乳が苦手なタイプの赤ちゃんである可能性」を視野に入れて、根本解決につなげるためのヒントになればと思い、個人の経験談をまとめたいと思います。

 

sumireの第一子を、おっぱいへの吸着が得意な赤ちゃん(プロフェッショナル)、第二子を苦手な赤ちゃん(ビギナー)として、産まれて間もない時期の哺乳の様子を比較すると、こんな感じでした。

 

●出産直後の授乳

第一子:プロフェッショナル

親子とも服を着たままのなんちゃってカンガルーケアで、助産師さんが完全介助しての授乳(添い乳)だったが、スムーズに吸着。

 

第二子:ビギナー 

正式なカンガルーケアで、赤ちゃんは自力でおっぱいを探して右往左往していたがいつまでたっても見つけられず、見かねた私が手伝っても全く吸着できず、助産師さんに手伝ってもらいながら3人がかりでやっと吸着。

 

●原始反射

第一子:プロフェッショナル

赤ちゃんのほっぺや唇の近くを、指などでちょんちょんと触れると、口を大きく開けて、首を細かく左右に振りながら乳首を探してとらえようとする。

おっぱいの方向へ顔を誘導するのが簡単。

 

第二子:ビギナー

いくら顔をちょんちょんしても、口も開かないし、乳首を探そうともしない。

自分でおっぱいを見つけられず適当な方向ばかり向くので、吸着させるのが非常に困難。

(その後、哺乳の経験を積むと、あごをちょんちょんすると、ちょっとだけ口が開くようになった。さらにさらに経験を積むと、口をもう少し大きく開けてわずかに首を振るようになった)

 

●口の開け方

第一子:プロフェッショナル

口を「アー」と大きく開けて、「エ」と発音するときのように舌が少し前に出た状態。

乳房をしっかりとらえることができる。

 

第二子:ビギナー

まさかの「ウ」!

乳頭すら口に入らず、途方に暮れる。

(WHOガイドラインには「赤ちゃんの口が大きく開くのを待ってからくわえさせる」って書いてあるけど、待っても大きく開かないので、とりあえず先だけなんとかくわえさせて、授乳開始していた)

 

●乳房への吸着の仕方

第一子:プロフェッショナル

協力的。おっぱいまで一直線。

 

第二子:ビギナー

吸着させようとした瞬間に、気持ちが焦るのか片手でバーン!とつっかえ棒をしてくるので、なかなか吸着できない。

 

●射乳が起こるまで

第一子:プロフェッショナル

ずっと熱心に吸てつし続ける。哺乳の効率は非常に悪かっただろうに、文句も言わず延々と吸てつしていた。

 

第二子:ビギナー

すぐに射乳が起こらないとイライラして口を外すこともよくあった。10秒も待てない。

その後、経験を積むと、射乳が起こるまで時間がかかると理解したのか、待てる時間が少しずつ長くなった。

 

●嚥下の仕方

第一子:プロフェッショナル

常にガッツがあり、困難を伴うことはなし。

 

第二子:ビギナー

すぐむせる(※オキシトシン反射は強い方ではない)。

苦労して吸着させても、飲み始めたと思ったらイタズラに口を外す。

 

<最後に>

・赤ちゃんによって状況も能力もさまざまなので、上手か下手かの判定はそれほど重要じゃなく、すべての赤ちゃんにとって、効率よく哺乳するためにはスキルが重要なんだということを強調したいと思います。

 

・さらに、哺乳が得意じゃない赤ちゃんほど、それをカバーするような授乳スキルも必要になります。授乳がうまくいかない場合は、母乳不足を疑うよりも、うまく哺乳できていない可能性を考えた方が、根本的な解決につながりやすくなるかもしれません。

 

・多くの赤ちゃんは生まれながらにして哺乳に必要な能力を持っていますが、産まれた後にも新しく学習し、スキルアップしていくようです。私の第二子は、何ヵ月もかけて適切なポジショニングを何度もリードしていくうちに、自分から最適なポジションをとるようになりました。

 

・哺乳瓶が哺乳効率低下や乳頭混乱の原因になるのは、哺乳瓶独特のポジショニング・口の開き方・吸てつの仕方などを体得し、直母でも実践しようとしてしまうことも一因かもしれません。

 

母乳育児はスキルが重要!

この記事では、「乳房に吸着させるコツ」に焦点を当てています。楽な授乳姿勢などは、タグ#ポジショニングをどうぞ。

授乳頻度や授乳回数などについての疑問は、【「母乳育児が軌道に乗る授乳方法」のやり方・疑問・悩み|まとめ】をチェックしてみてくださいね。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」に、母乳育児の悩みやトラブルを根本解決するための情報がまとめられています。

 

関連記事

ダウン症・脳性まひの赤ちゃんへの授乳方法

口唇口蓋裂の赤ちゃんへの授乳方法

舌小帯短縮症の赤ちゃんへの授乳

赤ちゃんに優しい病院では哺乳瓶やおしゃぶりは使いません

2017/5/13更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る