ダウン症・脳性まひの赤ちゃんへの授乳の仕方(直母・コップ)

ダウン症や脳性まひの赤ちゃんに授乳する際の注意点と、授乳の仕方についてのWHOのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.17 子どもの病気・黄疸・奇形

<徴候>

ダウン症や脳性麻痺の赤ちゃんは筋力が弱いので、乳房に吸着し、哺乳するのが難しくなります。

 

<対処法>

お母さんはダンサーハンドポジションを用いて、赤ちゃんを乳房に吸着させる方法を教えてもらいましょう(図21)。

Figure 21

※赤ちゃんの口を乳房に密着させておくために、あごと頭を支えます。

 

 

このような赤ちゃんは哺乳がゆっくりなので、お母さんは搾乳して、コップやチューブでもいくらか飲ませましょう。

 

お母さんが子どもと絆を作り、子どものためにベストを尽くしていると感じ、それを持続するためには、さらなるサポートとカウンセリングも必要かもしれません。

 

筋力が弱い赤ちゃんの場合は、直母の他に、搾乳を飲ませる方法もあるんですね。

 

 

直母だけではまかなえない分を搾乳することで、母乳の分泌を維持する効果も期待できます。

 

WHOは、お母さんが「子どものためにベストを尽くしている」という自信が揺らぎそうなときも、一人で頑張るのではなくサポートやカウンセリングを十分に受けながら、赤ちゃんを育てていくことを推奨しています。

 

母乳育児を続けるためのヒント

お母さんと赤ちゃんに合った授乳スタイルを探し、少しでも効率よく哺乳するためには、新生児への授乳の仕方が役に立つかもしれません。

搾乳を楽にするコツはタグ搾乳をどうぞ。

 

 2017/4/5更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る