新生児訪問や乳児健診に、家族や祖父母も同席させる?

赤ちゃんが産まれた後は、授乳や補完食(離乳食)、子どもの成長や健康をチェックするために、専門家が継続的に支援することが必要です。

その目的や支援の仕方についてのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

5章 乳幼児の栄養法の継続的支援

5.1 地域における母親のサポート

お母さんには、以下のような目的のために、熟練したスキルを持つヘルスワーカーによる継続的な支援が必要です。

  • 母乳のみ与えることを維持するためと、母乳育児を継続するため
  • 母乳育児が不可能になった場合には、別の栄養法を実践するため
  • 子どもが月齢6カ月以上になったら、正しい補完食を確立するため(1)
  • 子どもが病気になった場合は、子どもに授乳を続けるため

これらのサポートは、地域やプライマリーケア施設や病院の小児科など、様々な施設において訓練を受けたスタッフがすることができます。

 

お母さんを支援する際は、お母さんの家族ともそれぞれの意見を尊重しながら話し合うことで、正しい栄養法のアドバイスを理解してもらえるようにするべきです。

それに加えて、別の角度から見た正しい乳幼児の栄養法の大切さについての情報を共有することで、それを自覚してもらうこともできます。

例えば小中学生を巻き込んだ活動を行ったり、他の部門のスタッフに参加してもらったりしてもいいでしょう。

 

このように、乳幼児の栄養法を促進し、支援するために、多岐にわたるアプローチを行うことが、多くの場合は効果的なことが示されています(3)

 

つまり、出産直後に授乳の支援を受けるだけでなく、その後もいろいろな困難や赤ちゃんの成長に伴う変化が起こり続けることが多いので、何度も適切な栄養法のチェックをしていくことが重要ということなんですね。

 

お母さんの家族(=赤ちゃんと接する可能性のある人々)にも正しい栄養法のやり方について理解してもらうことは、とても意味のあることです。

WHOが指摘しているように、身近な人たちが間違ったアドバイスをしてしまう問題があるからです。

育児に関する周りの手出し口出しに困っていませんか?

2017/4/7更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る