赤ちゃんの月齢別・母乳の生産量をアップさせるコツ

食事制限やハーブティーや薬などに頼る前に、まずやるべきことがあります。

理屈はさておき、「実際にどうすれば効果があるのか?」を、WHOのガイドラインを元にまとめました。

 


●赤ちゃんが新生児期の場合●

直母での授乳回数を増やすほど、また、授乳時間を長くするほど、母乳の「生産量」が増える黄金期です。

直母できない場合は、搾乳によって乳首を刺激すればするほど増えます。

 

最適な授乳回数は母子の組み合わせによって様々ですが、分泌アップを目指すなら、1日に授乳(直母できない場合は搾乳)する目安は8-12回以上です。

 

特に、「夜間は母乳の生産量が増えるゴールデンタイム」です。

もし赤ちゃんが起きないからと夜間授乳しないと、

  • 生産量がそれ以上増えないリスク
  • 生産量が今よりも減ってしまうリスク

をダブルで背負うことになるかもしれません。

 

授乳にかかる時間は気にせず、赤ちゃんが自分から口を外すまで飲ませても大丈夫です。

 

片方を飲み終わったら、もう片方も飲ませてみます(飲まなかったら、次回はそっちから飲ませる)

 

長時間飲める赤ちゃんなら、授乳時間は30分以上かかることもよくあるかもしれません。

非常に短時間しか飲めない赤ちゃんなら、授乳回数が1日に20回くらいになることもあるかもしれません。

 

授乳中に乳首に痛みがある場合や、赤ちゃんの体重の増え方が少ない場合は、赤ちゃんが乳房に吸着する仕方が悪くて、十分に飲めていない可能性があります。

母乳を効率よく飲むためには、ポジショニングを見直す必要があります。

 

 

関連記事

何日頑張れば増える?母乳の生産能力の変化の仕方 

「母乳育児が軌道に乗る授乳方法」のやり方・疑問・悩み|まとめ

 


●赤ちゃんが月齢1カ月以上6カ月未満の場合●

授乳回数を多くするほど、母乳の生産量はアップします。

 

意図的に授乳時間を長くしても、母乳の生産量アップには関係しないかもしれません。

時間帯によって、母乳の生産量に違いはないかもしれません。

 

夜間授乳は、母乳の生産量を維持するために重要です。

もし赤ちゃんが起きないからと夜間授乳をしないと、

  • 乳房に溜まった成分が母乳の分泌を抑えてしまうリスク
  • 早期に月経再開して母乳の生産量が減るリスク

をダブルで背負う危険性が高くなります。

 

最適な授乳回数は母子の組み合わせによって様々ですが、分泌アップを目指すなら、1日に授乳(直母できない場合は搾乳)する目安は8-12回以上です。

赤ちゃんが自分から口を離すまで飲ませ、続いて、もう片方も飲ませてみます(飲まなかったら次回はそっちから飲ませる)

 

1日のうち、授乳間隔が2時間以上空くことが一度もない場合、または、授乳が30分以内に終わることが一度もない場合は、乳房への吸着の仕方が悪く、十分に飲めていない可能性があります。

母乳を効率よく飲むためには、ポジショニングを見直す必要があります。

 

混合栄養の場合は、ミルクの量を増やすほど、母乳は減ってしまうかもしれません。

ミルクを増やす前に、授乳の仕方を改善できるといいです。

 

関連記事

何日頑張れば増える?母乳の生産能力の変化の仕方 

「母乳育児が軌道に乗る授乳方法」のやり方・疑問・悩み|まとめ


●赤ちゃんが月齢6カ月以上の場合●

母乳量を増やすための授乳の仕方は、月齢1か月以降はずっと同じです。

「月齢が進むと、母乳量を増やすことが難しくなる」わけではなく、「母乳量は月齢と共に自然に減る」わけでもなく、常に、「飲ませた分だけ作られる仕組み」になっています。

 

月齢6カ月以降は、補完食が始まるので、哺乳回数が減れば、生産量も減ります。

一般的には、2歳以上まで母乳も重要な栄養源となるので、できるだけ授乳を続けられると、乳幼児期だけでなく、一生を通じて健康で丈夫な体を手に入れられる手助けができるかもしれません。

 

混合栄養の場合は、哺乳量が減ってきた場合、母乳の授乳回数を減らすのではなく、ミルクの補足量を減らした方が、質の高い栄養素を確保しやすくなります。

母乳と補完食の関係はこちら↓

3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです

 

 

多くのお母さんが経験する母乳不足感

一般的に、赤ちゃんの様子で困ったことがあると、何かとおっぱいのせいにされがちです。

そのため、たとえ必要以上に母乳が作られていたとしても、「母乳が出ていない」と感じることも珍しくありません。

母乳育児を軌道に乗せるために必要なのは、運や根性ではなく、知識とスキルです。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

書籍「ちょっと理系な育児 母乳育児編」に、母乳不足感を打ち消すための科学的知識がまとめられています。

2017/4/16更新

 

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る