最も短時間・少ない回数で母乳を効率よく飲むには(図解)

母乳育児を軌道に乗せるには頻回授乳が重要だ、とは言っても、根性だけで頑張るのは大変すぎるので、効率のいい哺乳について考察してみたいと思います。

ここに、WHOのガイドラインに載っている、上手に吸着できている赤ちゃん(図6)と、できていない赤ちゃん(図7)のイラストがあります。

Figure6Figure7

参照

上手なアタッチメントの見分け方

下手なアタッチメントの見分け方

 

これを使って、個人の経験に基づく考察も取り入れつつ、重要なポイントを整理したいと思います。これが、すべての授乳の姿勢(ポジショニング)のベースになります。

 

 

ポイント①深くくわえさせる

まず、乳房をどのくらいくわえているかに焦点を当てて、2つのイラストを比べてみます。

 

次の図は、上手に吸着できている赤ちゃんの口に入っている乳房組織を、黄色で示したものです。

Fig.1

赤ちゃんは乳房の先端から3 cmかそれ以上、がぶっと深くくわえていることが分かります。

赤ちゃんが吸てつすると、くわえている乳房組織にかかる圧力が急激に変化することで、母乳が効率よく出てきます。

イメージ:ポンプによる水のくみ出し。楽ちん!

 

外側から見るとこんな感じです。

Fig.3

とても大きく口をあけ、あごが乳房についているのが分かります。

 

次に、下手な吸着を見てみます。

Fig.2

赤ちゃんがくわえている乳房はほんの1-2 cm程度、哺乳瓶の乳首をくわえたときのように、口の先だけでとらえている状態です。

赤ちゃんが吸てつしても、乳房組織に圧力変化は起きないので、にじみ出てくる母乳しか飲めないことも。

イメージ:長さ1mの細いストローで水を飲もうとする感じ。大変!

さらに、乳房を舌と口蓋でしっかりとらえられないので、口の中で引っ張ったり舌で擦ったりして、乳頭に痛みや裂傷を起こしやすくなります。

Fig.4

外側から見ると、図3に比べて、かなりおちょぼ口なことが分かります。

 

ポイント②あごが乳房に触れるようにくわえさせる

WHOによると、

「乳頭を赤ちゃんの口蓋の方へ、上に向かって狙いを定め」

「赤ちゃんの下唇は乳房に隠れ、あごが乳房に触れられるように」

吸着させるといいそうです。

そうするためには、赤ちゃんは「お母さんから顔がよく見えるような首の角度で」おっぱいに吸着するといいようですが、そうした場合としなかった場合に、乳管の角度がどうなるかに注目して、比べてみたいと思います。

 

ピンクで示した線を、おおまかな乳管(母乳の流れ)とイメージしてください。

 

Fig.5

お母さんから顔がよく見えるように吸着し、あごが乳房に触れている場合、乳管は乳房のどの方向からも、赤ちゃんの口の中まで大きく曲がることなく到達できます。

 

一方で、たとえ同じくらい深くくわえたとしても、あごが乳房から離れた場合を見てみます。

Fig.10

乳房の真横や上の方から吸着してしまったり、最初は上手に吸着できてもいいポジショニングが保てないと、このように赤ちゃんの口元で、乳管が急に折れ曲がってしまうことが予想されます。

赤ちゃんは乳房を口蓋と舌でとらえているので、口の中では乳頭の角度がかなり上向きになるんですね。

 

乳管が曲がると母乳は出ない

母乳は、オキシトシン反射によって母乳が溜まっている袋がギュッと縮んで、外に押し出される仕組みになっています。その時の母乳の流れをイメージすると、こんな感じになります。

Fig.11

乳管に曲がりがない場合、オキシトシン反射が起こると、赤ちゃんの口まで効率よく乳汁が運ばれます。

 

一方で、乳管が途中で曲がっていると、オキシトシン反射が起こって乳汁が運ばれてきても、大渋滞が起こって、流量も流速も激減してしまうことが予想されます。

Fig.12

曲がったホースから水は出ないのと同様ですね。

 

まとめ

効率よく哺乳するためには、

①深くくわえさせること

②あごが乳房にくっつくような首の角度を保つこと

が重要。

上手におっぱいに吸着できないと、母乳をほんのちょっとずつ飲むことになるので、授乳時間はとても長く(毎回30分以上)、または授乳回数が非常に頻繁(毎回1-1.5時間以下)になってしまうのです。

 

参照

赤ちゃんの抱き方と母乳の飲ませ方

オキシトシン反射の仕組み

こんな授乳間隔は黄色信号です

誰も教えてくれないおっぱいの構造①

ポジショニングは母乳育児を楽にする必須のスキル!

哺乳不足・しこり・詰まり・乳腺炎などのトラブルを根本解決するためには、授乳スキルが重要です。タグ#ポジショニングからチェックしておきましょう。

授乳のタイミングなどについては【母乳育児が軌道に乗るやり方・疑問・悩み】が役に立ちます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る