母乳を2歳以上まであげるべき4つの理由

離乳食を始めるには授乳時間が空かなきゃいけない?

生後半年を過ぎたら母乳の栄養はなくなる?

1歳過ぎても母乳をあげるのは赤ちゃんにとってよくないこと?

 

補完食と母乳のバランスをめぐる迷信的アドバイスはたくさんありますが、以下は、科学的根拠をもとに、WHOが定めているガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第3章 補完食

3.1補完食の指導原則

原則2. 母乳は2歳以上まで、頻繁に、子どもの要求に応じて与えましょう。

 

母乳育児は補完食とともに2歳以上まで続けましょう。

子どもの要求に応じて、子供が求めるたびに授乳しましょう。

 

  1. 母乳は補完食よりも質の高い栄養素を含んでいます。
  2. 赤ちゃんを守ってくれる防御因子も与え続けることができます。
  3. 母乳は病気の時の重要なエネルギー源と栄養源になります(7)。
  4. それに加え、第1章で述べたように、母乳育児は急性の病気のリスク、そして慢性の病気のリスクを減少させることができます。

 

~母乳でまかなえるエネルギーと栄養素~

月齢6カ月から12カ月の子供:必要なエネルギーの半分以上と、さまざまな質の高い栄養素を与えることができます。

12か月から24カ月の子供:必要なエネルギーの3分の1までと、さまざまな質の高い栄養素を与えることができます(6)。

 

子供たちは補完食を始めると授乳回数が減る傾向にあるので、積極的に授乳して哺乳量を維持する必要があります。

 

“離乳”に関しては、日本は迷信と言ってもいい数々のアドバイスが氾濫しています。

「離乳食」というネーミング自体も、科学的じゃないし、時代遅れになりつつあります。

 

 

また、「離乳食」は、「乳離れのための食事」と表現されている通り、「離乳食が始まれば母乳は重要じゃなくなる」「離乳食の完了期(1歳半頃)になっても授乳を続けているのは間違い」「離乳食を食べないなら断乳すべき」などなど、何かと母乳と対立しがちです。

 

一方で、「補完食」は、母乳と食事はそれぞれ子どもにとって重要なものであり、「赤ちゃんに必要なものを補い合うパートナー」として考えられています。

大人と比べて食べる能力が低い、幼い子どもにとっては、母乳と食事の両方が大切な栄養源なんですね。

 

母乳は免疫学的に2歳以上まで重要

第2章まとめ|誰も教えてくれなかった、おっぱいと母乳の基礎知識

 

第1章まとめ|なぜWHOは母乳を推進するのか

補完食についてのWHOのガイドラインは【第3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです】を読めば、全てが分かります。

行儀が悪い・食べない・食べ過ぎる・アレルギーなどについての悩みは【離乳食の悩みから解放されたい!補完食のヒント集】をどうぞ。

2017/4/7更新

 

関連記事

コメント

    • あゆみ
    • 2014年 9月 11日

    はじめまして。とても素敵なサイトですね!
    そして妊娠されているとのことおめでとうございます♬
    現在1歳8ヶ月の男の子の母で、桶谷式母乳育児をしています。
    断乳時期に悩んでいてこちらのサイトにたどり着きました。
    補完食や免疫のこと、とても参考になりました。
    ちなみにお差し支えなければ、可愛いお嬢さまはどのようにサヨナラされましたか?自然に卒乳でしょうか、それとも断乳でしょうか?
    やはり2歳過ぎまではあげるべきですよね…。春や秋に断乳はあまり母子ともに時期的に良いといわれますがあまり意味がないような気がしてきました。
    それにしてもとても勉強になります。
    またいずれ病院や製薬会社主導の予防接種についてもお考え伺えますと

    • あゆみ
    • 2014年 9月 11日

    途中でごめんなさい。
    予防接種についてもいろいろとお考えを伺えますと幸いです。
    ホントに日本はまだまだ自分が赤ちゃんだったころの育児法が続いていますね…。
    この月齢で3時間おきの授乳に母も義母も、また地域の定期健診の保健師さんもびっくりして卒乳を進められます。。
    これからも記事とても楽しみにしています!
    お仕事と育児とマタニティライフとお体お大事になさってくださいね!

    • コメントありがとうございます(^^)
      私の子どもの母乳ストーリーについては、参考になりそうな部分は、今後も体験談として記事にしていくと思います。(予防接種は、参考になるような記事が書けるのかどうか疑問なので未定です)

      日本では、赤ちゃんを赤ちゃん扱いすることはNGで、早く自立したように「見せる」ことを目指しがちですが、できるだけゆっくり自立した方が、後の発達は順調にいきやすいように思います。1歳8か月なんてまだまだ赤ちゃん(*^-^*)
      不安になったり悩みが増えたりするようなアドバイスは、あまりためにならないことが多いので、聞かなかったことにするのも時には必要かもですね。

        • あゆみ
        • 2014年 9月 12日

        お忙しい中ありがとうございます(๑′ᴗ‵๑)
        科学的根拠で2歳以上まで母乳OKは本当に励まされます。
        産院や自治体の保健指導で母乳推奨しつつも離乳食期になると早くも卒乳の話になり、母乳育児のことまだまだ中途半端な気がします。。
        本当に1歳8ヶ月はまだまだ赤ちゃんなんて嬉しいです!
        長い人生の中の2年間なんて本当に短いから気にせずゆっくりと母乳育児したいと思います♬
        ありがとうございました!これからも楽しみにしています。

    • >母乳育児のことまだまだ中途半端
      ほんとほんと!

      授乳期間なんてこだわる必要はないし、2年でも4年でも6年でも。母と子が納得できる母乳育児をできるよう、応援しています(*^-^*)

    • あお
    • 2015年 2月 09日

    はじめまして。
    2歳以降のおっぱいについて検索していたらこちらに辿り着きました。
    ウチの娘は先月2歳を迎えたのですが、まだ1日3回ほど(食後に)おっぱいを飲んでます。
    1歳過ぎまでは身体測定をするために、よく市の育児相談にも行っていました。
    その度に卒乳した方がいいと言われ、それが言われるのが嫌で足が遠のいていましたが、先日2歳児教室というのがいうのがあったため、参加してみたんです。
    そしたらまた卒乳の事を言われ・・・
    「2歳過ぎたらもう卒乳は難しいですから、どんなに泣いても止める覚悟しないと。」
    「虫歯になりやすくなりますよ。」
    などなど・・・
    3歳になったら4月から保育園か幼稚園に入れようとは思っているので、それまでにはやめれるといいなぁと漠然とは思ってはいましたが。
    物凄い幸せそうにおっぱいを飲むので、泣かせてまでやめさせようと思わないだけではありましたが、何でそんなに卒乳を推奨するのかいまいちよく分からず・・・。
    でもこちらのサイトに書かれている事を読んで少しホッとさせられました。
    ありがとうございます。

    • コメントありがとうございます!
      その職員は迷信的アドバイザーとして注意が必要ですね。大昔に欧米で早期断乳が流行った、という論文をみたことがあるので、その名残なのかな?と思います。
      その職員の卒乳のアドバイスや虫歯のアドバイスは、科学的でもないし大きなお世話なので、心配しなくて大丈夫です。
      授乳回数も年齢も、子どもによって違うものだから、大人が気にしたって意味はないですよね。一生だとか、人類だとかいう大きな目で見れば、数年の違いなんて誤差範囲(*^-^*)

    • キイママ
    • 2015年 5月 26日

    はじめまして(*^^*)
    まもなく一歳になる息子の妊娠時期より、色々と参考にさせて頂いています(*^^*)

    私もWHOの推奨通り、3歳でも4歳でも欲しがるだけ母乳を与えたい気持ちでいるのですが、2人目を作ることを検討しています。
    その場合、もし妊娠したら母乳は辞めた方がいいのでしょうか?

    子宮が収縮するから、とよく聞きますが実際の所どうなのかなぁと疑問に思っています。

    その辺りは、WHOのガイドラインには乗っていないでしょうか(>_<)?

    • 初めまして(^^)
      妊娠中の授乳についてはまだ文献を読んだことがないのですが、少なくとも最近の日本では「切迫などの特別な問題がない限り、妊娠中も授乳可」という対応が一般的なので、問題がなければ産科でわざわざ言う必要もないと思いますよ。

        • きいまま
        • 2015年 6月 01日

        お忙しい中返信ありがとうございます(*^^*)そうなのですね、周りの産科ではやめるべきと言う所が多くて二人目の時期を考えておりました。

        ですが、授乳が続けられるのであればあまり心配せずにいようも思います。ありがとうございました(*^^*)

    • エリ
    • 2015年 7月 16日

    はじめまして
    1歳2ヶ月の息子がいます。離乳食初期から拝見させていただき、とても参考になりました。
    まだ母乳も頻繁に飲んでおり、WHOの提言通り辞めるつもりもなかったのですが、先日虫歯が見つかってしまい、断乳を勧められました。
    もう赤ちゃんじゃないのだからと。。
    WHOの事を言うと、あれは栄養の無い途上国もあってその平均だから、日本みたいな栄養豊富な国では不要と言われてしまいました。
    確かに世界では母乳しか栄養源が無いようなくにもあると思いますが、どう考えたら良いのでしょう?
    お教えいただければと思います。

    • 断乳を勧められたんですね。母乳は虫歯の原因になると言われたのでしょうか。
      私の考えはこのあたりにちょっとだけ書いています。
      この記事について※ブログ開設二周年
      医療者による断乳指導について※6-23カ月の赤ちゃんの成長・授乳・離乳食に困難がある場合
      「先進国は関係ない」発言について※BFH出産レポ|母乳育児は「引き算」もポイント

      母乳と虫歯についての記事も今後書く予定なのですが、なかなか更新できずにいます。
      ちなみに、普段からお菓子やジュース(イオン飲料含む)など食べさせてはなかったでしょうか。
      母乳と虫歯についての論文では、「母乳で虫歯にすることは不可能だった」との結果を読んだことがあります(砂糖を混ぜると虫歯になるそう)。

        • エリ
        • 2015年 7月 19日

        返信いただきありがとうございます。
        いかにも昔の人という感じの歯科衛生士さんに母乳が虫歯の原因と言われましたが、教えていただいたリンクをいろいろ読み、母乳と虫歯の関係が無い事、安心しました。
        甘いものはあまり与えていませんでしたが、適切な歯磨きはできておりませんでした。
        今後は歯磨きを徹底し母乳を続けたいと思います。
        ありがとうございました。
        今後もこちらのいろいろな記事を参考にさせていただきます

        • 母乳は虫歯に全く無関係かどうかはまだわかりませんが、「母乳が虫歯の原因」などという迷信に混乱しなくて済むような、実践的な情報を探そうと思っています!

    • あいらママ
    • 2015年 12月 04日

    このサイトで勇気が出ました
    娘が2歳半で、つい3日前アメリカの歯医者と旦那から止める様に言われ
    とても寂し気持ちでしたが、今は考えずに済みもう少しあげようと思います。

    • 自信を持って育児できるよう、これからも応援しています!

    • Anuhea
    • 2016年 1月 09日

    こんにちは はじめまして。質問よろしいですか?

    一歳1ヶ月の双子ママですが、早産だったのでNICU入院、その後も母乳の出も悪く、3ヶ月くらいに桶谷母乳教室に何度か行きましたが、なかなか増えず、体重を母乳飲んだ前後にはかっても増えなかったので、ずっと混合できています。

    最近夜間の授乳が辛くて、夜間だけやめてみました。夜中に四、五回起こされてもうへとへとでした。
    ベビーベッドだったのですが、今は布団で添い寝するスタイルに変えたので、やっぱり夜間授乳ももう少し頑張ろうかと思っているのですが、生理がきてしまいました。
    これから頻回授乳で母乳の量は増えますか?

    • 楽なスタイルを見つけられたことで、少し前向きな気持ちになれたんですね。
      おっしゃる通り、生理がきても、授乳回数を増やせば、生産量も増えます。無理のない範囲で心がけてみられるといいんじゃないかなと思います。

      2人も赤ちゃんがいると授乳するだけでも大さわぎになることもあると思いますが、添い乳や、レイドバックでの2人同時授乳など、楽な姿勢を探してみると、負担はぐっと少なくなるかもしれません。

    • きょうこ
    • 2016年 10月 26日

    初めまして。
    2歳まで続けるべきとありますが1歳10ヶ月で子供の方から拒否された場合はどうしたらいいのでしょうか?
    無理にでも吸わせるべきかこのままにするかどちらが子供のためなのか悩んでいます。

    • 2歳以上まで授乳を続けた方がいいのかなと思いつつ、お子さんの方が欲しがらないため、悩んでいらっしゃるんですね。
      お子さんにもいろんな都合があると思うので、無理に授乳しなくてもいいんじゃないかなと思います。

      もし食事だけで十分な栄養補給ができそうになければ、ご自身に負担のない範囲で、搾乳したものをコップで提供してもいいかもしれません。
      また、いらないと言っておきながら、数日後や数ヶ月後に再びおっぱいを求めることもあるかもしれませんが、きょうこさんが嫌じゃなければ(母乳は出ても出なくても)授乳を再開してもいいんじゃないかなと思います。

      各家庭レベルでは、「いつまで授乳すべきか」の正解はないので、やり方に迷ったら、きょうこさんが心地よいと感じる方・お子さんが楽しい方を選んでみてはいかがでしょうか(それで上手くいかなければ、またやり方を変えれば大丈夫です)。

    • みゆき
    • 2017年 6月 12日

    はじめまして。
    2015年5月に長女を出産し、母乳育児で悩んでいた時にこちらのブログを読んでとても救われました。
    今年の3月に第二子の長男を出産し、再び母乳育児に励んでいます。書籍が出ていたことを先日知り、早速注文し読みました。自分の納得する育児ができそうです。ありがとうございました。
    そして、お聞きしたいことがあります。
    実は、お姉ちゃんは今2歳をすぎましたが、未だにおっぱいをやめていません。弟を妊娠中も先生に問題ないと言われていたのと、本人に止める気がないのと、保育園に出したりと寂しい思いをさせている分スキンシップの意味もこめて行けるところまで頑張ろうと思っているうちにここまできています。
    そのため、今タンデム授乳になることが日に何回かあります。さすがにお姉ちゃんは弟よりははるかにおっぱいの回数は少ないですが、弟が生まれたことでやきもちをやき、弟の授乳中に割って入って飲むこともあります。
    助産師さんに相談もしたところ、弟の体重もぐんぐん増えているし問題なさそうだから、お姉ちゃんの心の安定のためにも続けてみたら、と言っていただきました。
    しかし何より、周りの声が気になり、いまひとつ自信が持てません。もし、タンデム授乳に関しての情報等ご存知でしたら、教えていただきたいなと思います。長々とすみません。

    • あくまで想像ですが、パートナーや親など、身近な誰かに、「2歳なのにまだ飲んでるの?」「お姉さんになったのにまだ飲むの?」的なことを言われている感じでしょうか。
      身近な人にこそ、新しいチームのやり方を応援して欲しいですけどね…!

      おそらく、周囲の方は「自分の知識や経験では1歳で断乳するのが当たり前だったから、それ以外はおかしい」という理論だと思うので、それを打ち消すには、「確かに、昔は1歳断乳が常識だったけど、今では長期授乳もタンデム授乳も普通のことである」という路線が、最も効果が高いのかな?と思いますがどうでしょうか…。結局、「事情はよく知らないけど新米ママに何かと口を出したい外野」という構図だと思うので、タンデムが解決しても、すぐ次の案件が生まれそうな予感もします。

      みゆきさんの考えも、お子さんの考えも、尊重されるべき大切なものであると思えることが重要だと思うので、陰ながら応援しています。
      (赤ちゃんへの割り込みを図るお姉ちゃんも、対応するみゆきさんは非常に大変だと思いますが、第三者から見ると、とても微笑ましくて良いチームだと感じます)

      あと、タンデム授乳を続けることにしても、「自分で決めたんだから弱音を吐いてはいけない」などと思い詰めずに、大変な時は大変だと周囲にヘルプを頼めることを祈っています。

      書籍もご購入いただいたとのこと、ありがとうございます。よければ、書籍カバーをめくった本体表紙のイラストも見てみてくださいね!

        • みゆき
        • 2017年 6月 14日

        お忙しい中丁寧なお返事ありがとうございました!
        実母、義母をはじめ、市の保健師さんやママ友など、おっぱいを続けていることが分かると、苦笑いや引いたような反応をされ、そしてアドバイスとして何かしら言われてきました。
        そして娘は最近偏食気味なのですが、保育士さんより「まだおっぱいをやめていないのはクラスでも一人だけですよ。母乳+食事ではでは栄養が足りないので、食事だけから栄養を取れるようにしないとお子さんが疲れやすくなりますよ」と言われたことが一番引っかかっていました。
        でも、2歳でも大丈夫なはずだし、娘も毎日元気だしと思うものの、くじけそうになっていました。
        (主人については、二人ともおっぱいにくっついていれば、弟は泣き止むし自分が世話しなくても良くなるので、むしろもっとタンデム授乳して面倒みろ、という感じです。それもどうかと思いますが)
        改めてsumireさんにお返事をいただいて、わたしはおかしいことしているんじゃない、みんな古い情報しか知らないだけなんだ、わたしはこれで良いのだ、と思えました。外野からのあれこれは適当にかわして、マイペースに行こうと思います。そしてもっと母乳育児に対しての理解が広まってくれるよう願います。
        イラスト、見ました!まさにタンデム授乳してますね!とてもうれしくなりました!!
        これからもブログや本、楽しみにしています。本当にありがとうございました。

        • それは本当に大変でしたね…!
          みゆきさんの周囲には、同じような状況の方はいなかったかもしれませんが、このブログ読者には1000人単位で経験者がいらっしゃると思います。
          新しいチームのやり方を、陰ながら応援しています!

    • 2017年 7月 17日

    はじめまして。1歳1ヶ月の息子がオッパイマンで、なかなか卒乳の気配なく、離乳食も進まなくて保育園の先生からもチクチク言われ、色々と迷っていた中こちらのブログを拝読して、2歳まではあげよう!と前向きに腹をくくれたのですが、吸い始めと終わりにかなり噛まれます…ホントに痛くて心が折れそうですm(_ _)m
    こういう場合は乳頭保護器など使ってもいいのでしょうか?(哺乳瓶がすっかりダメな子なので、保護器越しだとそもそも飲まないかもしれませんが…)根気強く「噛んだらダメだよ」と教えていったら伝わるのでしょうか?
    もうホントに痛すぎて、可愛く思えなくなります(T_T)
    なにかアドバイスいただけたら嬉しいです!

    • それは辛いですね!歯の生えはじめに噛まれやすいなど、何かパターンがあるでしょうか。
      乳頭保護器も試してみてもいいと思います(でも、おっしゃるように嫌がるかもしれません)。
      警戒しつつ、噛みそうと思ったらすぐ指を滑り込ませるなどいかがでしょうか。

      嫌なことは嫌だよ、とはっきり伝えれば、お母さんが嫌がっていることは、すぐに理解できると思います。
      が、それを《予測》して自分の体の動きをコントロールするのは、まだ簡単にはできないと思うのです。

      よって、私なら、本人が「噛んだらダメなんだ」ということを体で覚えるまで、噛みそうになる前から「噛まないでね」と予防的な警告を、しつこくし続けるかなぁと思います。

      たとえば
      「(授乳前から)ガジッてしないでね、上手に飲んでね」…何か分からないけど良いやり方と悪いやり方があるんだな〜
      「(噛んだら)痛い!ガジッてしないで!」…今の行動はダメなんだな〜
      「(噛まずに飲めたら)そう上手!その飲み方にしてね!」…今の行動は良いんだな〜
      の3パターンをしつこく繰り返せば、適切な行動の理解と、行動の選択がつながりやすくなるかなぁーと思いますがいかがでしょうか。

      すぐに解決できる方法じゃなくて申し訳ありませんが、お二人に合った落としどころを見つけられることを祈っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る