WHO推奨|離乳食で食べさせたい6種の食材

離乳食で摂るべき食材

WHOが推奨している補完食の目的は、月齢6カ月~23カ月の子どもに必要な、エネルギーと栄養素を補うことです。

そのためには具体的にどんなものを食べればいいのかについての、WHOのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第3章 補完食

3.1補完食の指導原則

 

通常は、補完食の基本的な原料は、その地域の主食です。

主食とは、エネルギーを提供する炭水化物が主成分となっている、穀類・根菜類・デンプン質の果物のことです。

 

主食に加えて、他の栄養素も摂取できるように、以下のような様々な食材を、毎日組み合わせましょう。

 

  • 肉類や魚の食材
    タンパク質・鉄・亜鉛の優れた栄養源となります。
    レバーにはビタミンAや葉酸も入っています。
    卵黄は、タンパク質とビタミンAは豊富ですが、鉄分は含まれていません。
    子供にはこれらをサラサラのソース状にしたものだけではなく、固形部分も必要です。

 

  • 牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品
    カルシウム・タンパク質・エネルギー・ビタミンB群の栄養源として優れています。

 

  • 豆類(エンドウ豆・インゲン豆・レンズ豆・ピーナッツ・大豆)
    タンパク質が豊富で鉄分もいくらか含まれています。
    ビタミンCの源(例えばトマト・かんきつ類や他の果物・緑の葉物野菜)を一緒に摂取すると、鉄分の吸収を助けることができます。

 

  • オレンジ色の野菜や果物(人参・かぼちゃ・マンゴー・パパイヤなど)と、濃い緑の葉物(ほうれん草など)
    ビタミンAの元となるカロチンと、ビタミンCが豊富です。

 

  • 脂質や油分
    濃縮されたエネルギー源であり、子供の成長に必要となる、いくつかの必須脂肪酸も含まれています。

 

つまり、主食を中心にして、動物性食材・乳製品・豆類・緑黄色野菜・脂質を組み合わせた食事を毎日与えましょうということなんですね。

〇〇は何カ月から食べさせられるのか?と細かく心配する必要はなく、6カ月以降は、様々な食材を食べさせた方が良いんですね。

 

一度の食事で複数のグループの食材を組み合わせられれば、栄養の吸収率もアップするので、より理想的です。

でも、午前は主食と野菜だけ、午後は主食と肉だけ、おやつに乳製品、などお世話をする大人が無理のない範囲でいいので「できるだけ毎日食べられること」を優先できるといいですね。

 

初期はおかゆだけ、1回食だけ、など栄養の少ない食事を続けて、途中(中期や後期)から不足分を取り戻すように食べさせようとしたら、たくさん量も必要になるかもしれません。

しかし、初期から少しずつ、赤ちゃんが無理せず食べられる量を食べさせられていたら、赤ちゃんの体に蓄えられている栄養素(貯蔵鉄など)も減りにくくなるので、重要な栄養素(特に鉄・亜鉛・ビタミンA)が欠乏してしまった!という事態にはなりにくいでしょう。

 

補完食についてのWHOのガイドラインは【第3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです】を読めば、全てが分かります。

行儀が悪い・食べない・食べ過ぎる・アレルギーなどについての悩みは【離乳食の悩みから解放されたい!補完食のヒント集】をどうぞ。

2015/10/18更新

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る