ブログ開設二周年

いつも読んでいただいている方も、初めましての方も、ご訪問ありがとうございます(^^)

このブログを始める頃、「この世に誕生するブログのほとんどが開設2年以内で更新されなくなる(?)」というようなことを聞いて、確かに2年間続けるって長いよな~と思った記憶がありますが、2年を超してなお、続けられそうです。

 


<記録>

4/14現在、このブログの人気記事トップ10はこんな感じになっています。

  1. 離乳食はいつから始めればいいの?WHOが推奨する補完食の開始時期 – 296,272 views
  2. 正しいやり方は痛くない!手で搾乳する方法 – 199,171 views
  3. 授乳しようとしたら泣いて嫌がるのはなぜ?授乳拒否の原因 – 197,854 views
  4. 授乳の間隔がこういう場合は黄色信号です – 184,433 views
  5. 乳児湿疹との付き合い方①湿疹の原因 – 168,706 views
  6. ●授乳回数が増えた?母乳を吐く?赤ちゃんの泣き方から分かる原因 – 143,018 views
  7. こんなサインから母乳不足とは判断しないでください – 127,422 views
  8. 母乳を2歳以上まであげるべき4つの理由 – 121,532 views
  9. 赤ちゃんの正常なウンチの量と回数 – 115,292 views
  10. 乳頭の亀裂や痛み|原因と対処法 – 113,480 views

 

 

1年前と似た顔触れではありますが、全部で500記事くらいある中で、「母乳を2歳以上まであげるべき4つの理由」が新しくトップ10に割り込んできました。

授乳は1歳でやめさせなければいけないというプレッシャーが一般的なのに、実は、可能なら2歳以上まであげた方が良いなんて、びっくりですね。周囲の「まだ飲んでるの?」コールに焦っているお母さんはたくさんいると思いますが、その声は古いんです。

 

とは言っても、現実には家族・友人だけでなく、乳児健診・歯科健診・保育園入園などあらゆる機会に断乳を指導されることも多いですし、専門家の意見に逆らって生きていくのはそれだけでストレスがかかるので、実践するのはなかなか難しいかもしれません。

まぁ、あえて「うちは好きなだけあげます!」と宣言までしなくても、こっそりあげ続けてもいいんじゃないでしょうか。

(理解のない相手には、「減らそうと努力してるしだいぶ減ってきました」というポーズをとっていれば、文句は言われにくいです。そして、しれっと好きなだけあげればいい)。

 

母親を取り巻く断乳プレッシャーに対抗する意図を込めて、タイトルに「あげるべき」と書いてありますが、実際には、1歳で卒乳する子も、知識を深く知ったうえでミルクを選択する家庭も、様々だと思います。

この内容を含めて誰もが正しい知識を得られることと、赤ちゃんの要求を含めて個々の考えが尊重されることが重要だとWHOは言っています。

 

 

また、母乳や補完食に関係する記事がほとんどの中、「乳児湿疹」の記事(経験談)は3つだけ書いたのですが、この3つともがトップ15に入っています。

 

小児科・皮膚科では「これを塗っておいて」「ステロイドは適量なら問題ない」などと言われるけど、そもそも、適量の判断が一番難しいので、乾燥肌の赤ちゃんは再発や悪化を繰り返しやすいんですよね。

そして巷には、「赤ちゃんの湿疹は母乳(母親の食事)が原因」「ステロイドは恐ろしい薬」などという情報があふれているので、心配の対象が広がり過ぎて大混乱になりがちです。

 

なので、まずは、ターゲットを「乾燥」に絞って(それ以外は無視)、これをやっつけてから、悩んでも遅くないんじゃないかなと、思考回路を整理しやすくするための記事になっています。

乳児湿疹の記事は、冬場にアクセスが急増します(ピークは1月頃)。冬は大人も乾きますよね…(切実)

 


<今後のこと>

この一年は、あまり記事を更新できませんでしたが、読みたい論文は溜まっているので、これからぼちぼち記事にしていこうと思います。

今後は2人目育児の経験を活かして、レビューやレポートなど実践的な内容も書きつつ、WHOガイドラインなどの内容を、より分かりやすく噛み砕いた記事も書きたいと思っています。

 

今までのパターンでいくと、そろそろ厚労省の「授乳・離乳の支援ガイド」が改訂される時期なので、そこでどのくらい変われるか(≒誰が策定委員として起用されるか)によって、今までの流れのまま続くのか、より合理的・実践的な考え方にシフトしていくのか、という転換期に来ていると思います。

トップダウンで適切な情報が流れるように祈りつつ、もう一度祈りつつ、こちらはボトムアップで一つ一つ迷信を片づけていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします(*^-^*)

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る