子どもの健康状態のチェックリスト|専門家向け

母子の問診をする機会がある度に、正しい栄養法が行われているかをチェックすることが大切です。

それと同時に、以下のことについてもチェックしましょう。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

5章 乳幼児の栄養法の継続的支援

5.4 状況を評価しましょう

5.4.4 母子の健康を評価しましょう

<子どもの健康の評価>

栄養法のカウンセリングをしている間に、IMCI(小児疾患統合管理)のガイドライン(7, 8)に従って子どもの健康状態を評価し、適切に管理することが大切です。

 

子どもに以下のような症状がないか判断しましょう

  • 咳や呼吸困難
  • 下痢
  • 発熱
  • 耳の問題
  • 栄養失調や貧血

 

子どもに深刻な病気のサインがあれば、ただちに受診が必要です。

  • 意識がない場合やぐったりしている場合
  • 重い栄養失調になっている場合
  • 飲み物や食べ物を受け付けない場合
  • 乳房への吸着を介助した後でも哺乳することができない場合
  • 授乳や食事をした後で大量に嘔吐する場合

 

授乳の妨げになるような状態になっていないかもチェックしましょう。

  • 鼻づまり
    吸てつや息つぎするのが難しくなります

  • 黄疸
    赤ちゃんは眠りがちになり、哺乳が減るかもしれません

  • 鵞口瘡(カンジダ)
    赤ちゃんは哺乳時間がとても短くなったり授乳を拒否したりするかもしれません

  • 口唇裂/口蓋裂
    …乳房への吸着
    が難しくなるので、哺乳量が少なくなるかもしれません

  • 舌小帯短縮症
    …乳房への吸着が難しくなるので、乳頭の痛みと哺乳量の不足の原因になりえます

 

[関連記事]

鼻づまり・鵞口瘡(カンジダ)の対処法

母乳をたくさん飲むほど早く消える!新生児黄疸

遷延性黄疸(母乳性黄疸)

口唇裂・口蓋裂の赤ちゃんに授乳する方法(直母・コップ・スプーン)

舌小帯短縮症の赤ちゃんの徴候と対処法

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る