離乳食のカロリーを考えたことはありますか?WHOが定める質・量・頻度

WHOによると、補完食の目的は、「足りない栄養素とエネルギーを補うこと」です。

離乳食よりも目的がシンプルで分かりやすく、柔軟性が高いガイドラインになっています。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

3章 補完食

3.1補完食の指導原則

1 好きなだけ母乳を飲んでいる6-23カ月の子どもに必要な食事の質・頻度・量の実践的な指導

月齢6カ月・7か月・8カ月

母乳以外に必要な一日のエネルギー

約200 kcal

 

食材の形状

濃いおかゆや、よくつぶした食材から始めましょう。

大人の料理をつぶしたものも与え始めましょう。

 

頻度

一日2-3回。

子どもの食欲に応じて、さらに1-2回の軽食を与えてもいいでしょう。

 

毎回の食事で平均的な子どもが食べる量

1回の食事で30-45 mLくらいから与え始め、月齢9カ月を目標に、徐々に125 mLまで増やしていきます。

 

月齢9カ月・10か月・11カ月

母乳以外に必要な一日のエネルギー

約300 kcal

 

食材の形状

大人の料理を細かく刻んだりつぶしたりしたものや、赤ちゃんが手づかみすることができるような食事を与えましょう。

 

頻度

一日3-4回。

子どもの食欲に応じて、さらに1-2回の軽食を与えてもいいでしょう。

 

毎回の食事で平均的な子どもが食べる量

およそ125 mL

 

月齢12-23カ月

母乳以外に必要な一日のエネルギー

約550 kcal

 

食材の形状

大人と同じ食事を、必要ならば小さくしたりつぶしたりして与えましょう。

 

頻度

一日3-4回。

子どもの食欲に応じて、さらに1-2回の軽食を与えてもいいでしょう。

 

毎回の食事で平均的な子どもが食べる量

およそ190 mL

 

6-8カ月から、大人の食事からの取り分けをしてOKなんですね。

WHOによると、無味にこだわるよりも、量や質を優先した方がいいようです。

塩分・スパイスは控えめの、大人のおかずから食べられそうな食材をピックアップしてお粥に混ぜれば、栄養豊富な補完食のできあがりです。

 

WHOによると、食事回数よりも、必要なカロリーと栄養素を補完できることの方が重要だそうです。

1回食・2回食・3回食というのは日本独特のルールであって、それで必要な量が食べられないなら、回数はもっと増やすべきだったんですね。

 

 

補完食についてのWHOのガイドラインは【第3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです】を読めば、全てが分かります。

行儀が悪い・食べない・食べ過ぎる・アレルギーなどについての悩みは【離乳食の悩みから解放されたい!補完食のヒント集】をどうぞ。

2015/10/16更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る