離乳食の10倍粥は薄すぎる!?補完食のカロリーの目安とは

「離乳食の初期は10倍粥から」と指導されたことはありませんか?

WHOが推奨する「補完食」と比べて、日本の「離乳食」のカロリーは、どのくらい満たせているのでしょうか。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第3章 補完食

3.1補完食の指導原則

 

食事が実際にどれだけの量(重さや体積)が必要になるかは、その食事のエネルギー密度がどのくらいかによります。

つまり、kcal/mlまたはkcal/gで考える必要があります。

 

母乳は、およそ0.7 kcal/mlです。

補完食はもっと幅がありますが、通常は0.6-1.0 kcal/gの間です。

 

水分が多く、薄められた食事の場合は、およそ0.3 kcal/gしかありません。

補完食が1.0 kcal/gになるためには、食材の濃度をとても濃くすることと、最もエネルギーの高い食べ物である脂質や油分を含む必要があります。

 

補完食は母乳よりも高いエネルギー密度を持つ必要があります。

つまり、少なくとも0.8 kcal/g以上必要です。

 

表1で推奨されている食事量は、補完食が0.8-1.0 kcal/gであることを想定したものです。

もし補完食のエネルギー密度がもっと高ければ、エネルギーのギャップを埋めるために必要な量はもっと少なくなります。

エネルギー密度がもっと低い補完食の場合は、エネルギーのギャップを埋めるために、さらに多くの量が必要になります。

 

補完食を始めると、子供は授乳回数が減る傾向があるので、哺乳量が減ってしまいます(17)。

よって、食事で効果的に母乳の代わりをする必要があります。

 

補完食のエネルギー密度が母乳よりも薄いと、母乳のみで育てていた時よりも、摂取できるエネルギーのトータル量が減ってしまいます。

これが栄養不良の重要な原因となってしまいます。

 

補完食のカロリーは、100 gあたり80 kcal以上必要なんですね。

ちなみに、ガイドラインでダメ出しされている「水分が多く、薄められた、およそ0.3 kcal/g しかない食事」ですが…ずばり、10倍粥(五分粥)のことなんです。

5倍粥(全粥)で、やっと0.7 kcal/g程度です(文科省の食品成分データベースより)。

 

私たちの離乳食は薄すぎたんですね。

開始初期(月齢6カ月)から、お粥に調理した肉や野菜などを混ぜたり、濃いおかゆを食べさせたりするべきなんだそうです。

 

食事が薄くなるほど、必要な量は多くなります。

食事を濃くすれば、少しの量で必要な栄養を満たすことができます。

 

かなりたくさん食べられる赤ちゃんは、栄養の濃度が薄い食事でも必要量を摂取できるかもしれませんが、多くの赤ちゃんは、初期から栄養の種類や濃度に気をつけてあげた方がいいかもしれませんね。

 

補完食についてのWHOのガイドラインは【第3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです】を読めば、全てが分かります。

行儀が悪い・食べない・食べ過ぎる・アレルギーなどについての悩みは【離乳食の悩みから解放されたい!補完食のヒント集】をどうぞ。

2015/10/21更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る