赤ちゃんが食べやすいお粥のレシピ|初めての離乳食

今まで乳汁しか口にしたことがなかった赤ちゃんに、WHOガイドラインを参考にして初めて離乳食(補完食)を食べさせてみた時の様子と、補完食用のお粥の簡単な作り方・与え方をレポートします。

補完食をスタートしたばかりの時期ならではの、ポイントをまとめました。月齢6ヶ月からスタートしています。

 

赤ちゃんの食べ方・食べた量

●離乳食初日

1回の食事量:つぶしたお粥を小さじ半分。

1日の食事回数:1回

様子:一口食べるたびに、半分くらい外に出てくる。

 

●その後数日間

1回の食事量:大さじ1杯~2杯(お粥に他の食材も混ぜ始める。詳しくは:スタート時のスケジュール)

1日の食事回数:2回くらい

様子:日に日に食べ方が上手になって、口から出てくる量が2割程度に減った。

 

 

お粥の作り方

「10倍がゆ」などのように、水とお米の量を量る必要はありません。お粥は濃い方がエネルギー密度が高く、理想的です。

月齢問わず、「良いお粥の濃度=赤ちゃんが好む濃度」です。

お粥はまとめて作って小分けして冷凍保存が楽かもしれません。保存期間が長くなると、デンプンがβ化するのか、再加熱しても味が落ちるので、1週間以内に使い切るようにしていました。

 

少量作りたい場合

補完食をスタートしたばっかりの時期は、食べる量が少ないので、少量しか消費しない。

市販のレトルトの白粥を小分けして冷凍保存すると楽だし、自分で作るよりおいしいかも(ベビー用じゃなくて、コンビニに売っているような大人用の白粥でいい)。

 

自分で作る場合は、お茶碗半分程度のご飯を、お茶碗1杯程度の水で弱火で30分ほど炊くと、柔らかいお粥が200 ml程度できる。

焦げ付きそうな時は、途中で水を足す。

200 mLで製氷皿1枚分くらい。

 

食べる量が少し増えてきたら

炊飯器で0.5合のお米をお粥モードで炊くと、400 ml程度できる。

30 mlを1日2回食べさせるとして、1週間分くらい。

フタつき製氷皿2パック分くらい。

 


食べやすいお粥の形状は?

・つぶさずに食べさせると、ご飯粒がぴゅっと口の外に出てくる。

・つぶしすぎると、粘り気が強すぎて食べにくそう。

結論

8割程度つぶした状態がベスト(口から外に出てきにくい・飲み込むまでに時間がかからない)

 

食べやすいお粥の濃度は?

・一口分をスプーンですくって傾けたときに、2秒以内にポタッと落ちてしまうほどゆるい(水分が多い)ものは食いつきが悪い。

・全くスプーンから落ちる気配がないほど、濃すぎても食いつきが悪い。

 

結論

一口分をスプーンですくって傾けたときに、ポタッと落ちるのに2秒以上かかる濃さがベスト。

(これは最初に限った話で、一般的に、理想的な補完食の濃度は【スプーンからしたたり落ちない程度の濃さ】です)

 

※赤ちゃんによって好みは違うと思うので、これを参考にお粥の形状や濃度を調整してみてくださいね。最初はあまりつぶさない・濃い状態で用意して、徐々につぶしたり、お湯などで薄めたりしながら反応を見ていくやり方が簡単です。同じ水分量の場合、お粥はつぶすほど粘り気が強くなります。

 

補完食の目的は栄養補給

補完食の目的は、母乳やミルクでは足りなくなる栄養やエネルギーを補うことです。詳しくは、WHOのガイドライン【第3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです】をチェックしてみてくださいね。

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る