「赤ちゃん主導の授乳」のやり方に迷いや不安を感じたら

赤ちゃんが欲しがるたびに、飲みたがるだけ長く授乳することで、母乳育児は軌道に乗りやすく、赤ちゃんにかかる負担は最小限に、順調に成長できる可能性が高くなります。

言葉にすると、「赤ちゃんの要求に応えるだけ」という、とてもシンプルな方法なのですが、実際には、なかなか実行するのが難しいお母さんの方が多いんじゃないかなと思います。

 


赤ちゃん主導の授乳の、一番の壁は「迷信的アドバイス」

今の日本は、産後の管理から授乳・生活リズム・しつけなどなど、「大人が子どもをコントロールした方が親も子も上手くいくに違いない」という考え方が根強いです。

 

でも、赤ちゃん主導の授乳とは、「赤ちゃんが、哺乳量と母乳の生産量をコントロールする」というメカニズムで成り立っています。

ここに、最大の壁が生まれるんじゃないかなと思います。

 

親になって最初に経験する仕事(授乳)で、赤ちゃん任せにするという、いきなり真逆のセンスが必要になって、つまずくんですね。

 


迷信的アドバイスに負けそうな時は…

「赤ちゃんが求めるがままに授乳する」という、野生の哺乳類なら誰でも簡単にやってのけているような基本作業も、人間界では「超難関」です。

 

つい、母乳が足りてないんじゃないかな?うちの子、月齢相当に成長してないんじゃないかな?と不安になってしまう、よく聞く迷信と、ホントはどうなのか?をまとめました。

 

●授乳間隔が3時間以上空かないと、母乳が足りないんじゃないかと不安になる

[大人目線]

十分な母乳量が出ていれば、一度にしっかり飲んで、しっかり寝るというリズムになるはず。

 

[赤ちゃん目線]

おっぱいに溜められる量は、ママによって全然違う!んだよ。

3時間以上空いても (=1日の授乳回数8回以下で)OKなミルクタンクを持つ人って、かなりレアらしいんだけど、自分はそれに当てはまるって思ってたの??

アタイたちの中でも、1日に必要な母乳の8分の1以上を一気飲みできる、アスリート系ベイビーってかなりレアなんだけど、自分の子はそれに当てはまるって思ってたの??

もうちょっとハードル下げてくれると嬉しいんだけど…

楽に飲める量を、自分の好きなタイミングで飲ませてもらえると、お腹の具合も良いんだけどな。

 

●いつまでもおっぱいを離してくれないと、母乳が出てないんじゃないかと不安になる

[大人目線]

母乳は、片方10分くらいでほとんど飲み終わるはずだから、十分に母乳が出てるなら、短時間で満足するはず。

 

[赤ちゃん目線]

確かに、毎分あたりに飲む母乳の「量」は、授乳開始から5分くらいでピークがくるけど、母乳の「脂肪分」は、授乳開始から15-20分頃に、やっとピークがくるんだよ。

そこからが、濃厚で、通もうなる母乳が飲める本番ってこと!

これからゴールデンタイム♪ってタイミングで口を離されるなんて、そりゃ泣くよ。

あと、「飲み終わったと見せかけて、ちょっと休憩してただけ。むふ」ってこともよくあるので、何度でもおかわりさせて~!

 

 

●月齢が進んでも授乳間隔が空かないと、順調に成長していないんじゃないかと不安になる

[大人目線]

成長するにつれ、胃の容量が増えてまとめて飲めるようになり、満腹中枢も完成して、不必要におっぱいを求めなくなるはず。

 

[赤ちゃん目線]

ママのおっぱいのキャパシティも哺乳瓶みたいに2倍・3倍と大きくなっていくわけじゃないでしょ。

そもそも産まれた時から、どのタイミングでどれだけ飲めば順調に成長できるのか自分で分かっているんだから、「不必要に飲みたい時」なんて、もともとないんだよ。えっへん。

 


<参照記事・文献>

「母乳育児が軌道に乗る授乳方法」のやり方・疑問・悩み|まとめ

「赤ちゃんの満腹中枢は3カ月頃に完成する」はウソ?

 

M.W. Woolridgea, Chloe Fisherb. COLIC, “OVERFEEDING”, AND SYMPTOMS OF LACTOSE MALABSORPTION IN THE BREAST-FED BABY: A POSSIBLE ARTIFACT OF FEED MANAGEMENT? The Lancet, Volume 332, Issue 8607, 13 August 1988, Pages 382–384

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る